« グローバル・ソシオロジー1  著:ロビン・コーエン/ポール・ケネディ | トップページ | あしたびよりⅠ  著:雨森麻杜 »

マルドゥック・ヴェロシティ3  著:冲方丁

マルドゥック・ヴェロシティ3   冲方丁   ハヤカワ文庫

二巻にも言ったが、また言わずにはいられない。こいつはすごい。
スクランブルからの認識と、それに基づいてヴェロシティで
ボイルドが到達するだろうと予期していた地点がまるで違っていて
ひっくり返された。

ボイルドの到達地点がこうであるならば、スクランブルでの認識など吹っ飛ぶ。

前巻からの続きが一つの容赦ない結末となって描かれ、
そして巻き返しと逆襲がさらに惨劇になってしまう。
クルツがもう本当に最後までものすごくかっこいいと思ったのだが、
その最後とそれ以後がものすごく悲しい。

個々の展開の容赦ない描写もだが、本当に三巻を通しての物語が
すごいことになった。明かされる謎で物語への認識が
一気に変わってしまう。スクランブルへの認識も一気に書き変わる。

いや、まったくもって、おもしろかった。

|

« グローバル・ソシオロジー1  著:ロビン・コーエン/ポール・ケネディ | トップページ | あしたびよりⅠ  著:雨森麻杜 »

ハヤカワなどその他小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルドゥック・ヴェロシティ3  著:冲方丁:

« グローバル・ソシオロジー1  著:ロビン・コーエン/ポール・ケネディ | トップページ | あしたびよりⅠ  著:雨森麻杜 »