« 神話でも読もうかと思った | トップページ | 東方SS読んだ 「こあくまーっ! ~」他 »

マルドゥック・ヴェロシティ1  著:冲方丁

直前にスクランブルを読んでおくのもありだった。
ちらっと読み返して、あー……次が怖い。

文章が読みにくい。
ただ、そういう文章になっている理由はわかるし、
確かにその意図としての効果は現れていると思う。
ボイルドの世界認識としての見方で描かれているために
情報が並列的で関係が論理的に述べられる。
このボイルドの見方を読者に知らしめ、作中にとりこませ
一体感をもたせるのはなかなか考えていると思う。
また、おそらくこの先に待ち受ける敵も味方も血に塗れそうな展開を思うに
さらに効果的になると思う。

ただまあこういう文章はそうないし、実際自分も読み進めにくいと感じたので
単に悪文と切って捨て読まないという選択をする人がでても、
まあ不思議はないかな。

また、物語としては加速の前段階なので、おもしろさとしては
伏線が敷かれていくのを、それとわからず敷かれているものあるだろうと
期待しながら爆発を待つおもしろさというところ。
それとスクランブルからの印象とのギャップから今後どうなるのか、というもの。

ということでおとなしく二巻を待つとする。
ちびちびと読み直して文体に慣れておくかな。
スクランブルを読み直して関係をおさらいするのもできれば
やっておきたいが、しかしこっちの三巻まで読んでからにしようかちと悩む。

|

« 神話でも読もうかと思った | トップページ | 東方SS読んだ 「こあくまーっ! ~」他 »

ハヤカワなどその他小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルドゥック・ヴェロシティ1  著:冲方丁:

« 神話でも読もうかと思った | トップページ | 東方SS読んだ 「こあくまーっ! ~」他 »