« オーストリー | トップページ | 東方SS読んだ 酒の肴ほか »

マルドゥック・ヴェロシティ2  著:冲方丁

マルドゥック・ヴェロシティ2  冲方丁  ハヤカワ文庫

こいつはすごい。

初っ端から読者の、スクランブルを読んでる読者の二巻以降で
登場キャラが次々に退場していくんじゃないかという予想と恐怖に
応えて一気に引っ張り込み中盤でこれまたものすごいバトル描写を
もって没入させその反動で中だるみ気味に感じはすれど
予想外と真犯人探しと一巻からの流れがあると明確に
提示しながら最後に死亡フラグと疑惑と困惑でもって
三巻への強烈な引き。

おもしろい。
そしてこれから三巻への期待と恐怖の待ち時間だ。
どんなケリのつけかたをみせるのか、怖くて怖くてそれでも楽しみだ。

|

« オーストリー | トップページ | 東方SS読んだ 酒の肴ほか »

ハヤカワなどその他小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルドゥック・ヴェロシティ2  著:冲方丁:

« オーストリー | トップページ | 東方SS読んだ 酒の肴ほか »