« 煉獄のエスクード3  著:貴子潤一郎 | トップページ | 検討中 追加 »

ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた 著:深見真

本当に、深見の小説を真っ当な意味で楽しみに待てることがあろうとは、だ。
発売日に買ったのに読んだのが今日、という人がなにいってるのやら、だけれど。

しかし、今回もおもしろい。
アクションもそうだが、登場人物に対する残酷さと甘さのバランスが絶妙。
容赦なく切り捨てるが、かといって読者を残酷に鬱に叩き込んで再帰不能にはしない。
期待を踏みにじるが突き放しはしない。

苛烈なアクションシーンばかりでなく、日常部など活劇のないところもなかなか。
普通にゆるいシーンかと思えば不穏な空気も混ぜるし、青春になるし
ねじのゆるい方向にいったりもする。BLまでカバーする。なんとも。

そして一つの小説のなかで続きを期待させるのも、次の巻を期待させるのもうまい。
あんな設定を出されては期待せずにはいられない。
同時に、誰か死ぬんじゃないかと怖くてしょうがない。
次も買うけれどさ。だっておもしろかったのだもの。

|

« 煉獄のエスクード3  著:貴子潤一郎 | トップページ | 検討中 追加 »

ハヤカワなどその他小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた 著:深見真:

« 煉獄のエスクード3  著:貴子潤一郎 | トップページ | 検討中 追加 »