« 創造する無意識 C.G.ユング | トップページ | パラケルススの娘5 騎士団の使者  著:五代ゆう »

パラケルススの娘4 緋袴の巫女  著:五代ゆう

おもしろい。同時に、自分はロマンチストのけが強いのだなと再認識。

多華の生き様とその選択の強さにもしびれたが、
なによりも睦月がすばらしい。
まったくもって一途なその在りようがよい。

多華が違う道に踏み出す結末であったのなら、
落胆とともにそれでも喜んだだろう。
でも、あの選択をするがゆえに多華という存在であり、物語だった。
そしてその選択であったがゆえに自身のこの小説への評価は高い。

商業作品という意識が見えてしまうこのシリーズだけれど、
それでもストーリーの組み立て、キャラクターの物語への
溶け込ませ方は流石に五代。

|

« 創造する無意識 C.G.ユング | トップページ | パラケルススの娘5 騎士団の使者  著:五代ゆう »

HJ・GA・MF・SD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラケルススの娘4 緋袴の巫女  著:五代ゆう:

« 創造する無意識 C.G.ユング | トップページ | パラケルススの娘5 騎士団の使者  著:五代ゆう »