« しずるさんと無言の姫君たち  著:上遠野浩平 | トップページ | タウンミーティングとやらせ質問 »

メモしてたニュースいくつか

たしか、かとゆー経由で痛いニュースから

「ゲームもスポーツ」 来年のアジア室内大会、『ウイイレ』などを種目に採用… しかしJOCは困惑

これを見て印象に残ったのは、ゲームの大会が開かれることに対する
日本人とその他外国人の反応の違い。
というよりも、ゲームに対する意識の違い。
遊戯を楽しむと同時に見世物として商売にすることに
積極さと柔軟さを持つ外国の意識。日本人の保守的な面。


これもかとゆー経由活字中毒R。さん

「黙殺」されている、超人気マンガ原作者の正体

前半部の毎月40本近い原作を書いてる人の存在
(しかもそうでありながら知名度が低い)も興味深いが、それに関連しての

結局のところ、「大衆にはウケるけれど、玄人筋には黙殺される作品」というのが存在しているのかもしれません。

という言葉がもっと興味深いというか同意。
そしてそれ以後の意見にもかなり同意します。

というか、2chのライトノベル板に住み着いてると同意せざるをえない。
あの場所にはけっこうな量のライトノベルを読んでる人が紛れているけれど、
そういう人は普通におもしろい本にあまり言及しない。
いわゆるライトノベルの範疇でそのセオリーに則っておもしろい本は
あまり言及されない。歓迎されない。

中高生をターゲットにした読みやすく類型的におもしろくて売れてる本は
厨設定・厨展開として非難される。
なんであんなのが売れるんだというレスを誰かがつける。
そしておもしろさが劣っても、どこか尖ってたり特徴のあるものをもてはやす。
(普通に平坦につまらないものは普通に話題にならない。)

まあそんなだから2chで評判だと売れないとか言われたりするし、
おもしろかったと感想を書こうと思ったらつまらんで埋まってて
残念なことになったりもする。

逆に、短所にもなりえるがはまれる一癖をもつものに出合ったり、
それを語り合える相手が見つかったりもするのだけれどね。


*ちなみに、読者がある一定数を超えると売れてる本のスレは一気に回りだし、
*そして回りすぎて今度はスレが厨スレと呼ばれるようになったりする。
*その場合、大抵は肯定派が主流なのだが、些細な感想の違いなどから
*泥沼になったりなどがよくよくある。

|

« しずるさんと無言の姫君たち  著:上遠野浩平 | トップページ | タウンミーティングとやらせ質問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモしてたニュースいくつか:

» コバルト文庫の作品レビュー [コバルト文庫と一緒に暮らそう]
コバルト文庫の新刊情報や作品の感想など辛口レビューもたまにはいれてコバルト文庫好きのかたと一緒に楽しむブログです。 [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 21:32

« しずるさんと無言の姫君たち  著:上遠野浩平 | トップページ | タウンミーティングとやらせ質問 »