« (映画) エコール | トップページ | PLUTO 4   著:浦沢直樹、手塚治 »

スカーレット・クロス 10  著:端山いつき

スカーレット・クロス 月蝕の復活譚  著:端山いつき 角川ビーンズ文庫

最終巻。
怪獣大決戦のあげくあっさりハッピーエンドなのは
うーむと思わないでもないが、最後ビル司祭で幕をひいたシーンは
気に入ったのでよし。やっとやったしね。

キャラを口調で特徴づけるのが強調させすぎて鼻に付いたり
合間に緊張を解いたシーンでのギャグがすべったり
ツキシロの浮つきぐあいがすべったりと
なんかなぁがいろいろあったけれど、まあでも好きだったな。
だんだんうまくおもしろくなっていくのが感じられて。
(第一部の最終巻が頂点だったけれど。)

第二部で用意したものをうまく収束させてまとめたと思う。
もう一歩と思うところもあったが、二部は全体に安定してた。
ビル司祭の口調は好きじゃなかったが、オウカへの関わりは好きだった。
最後の報告とオウカの消えるところが二部で一番印象に残ったな。

|

« (映画) エコール | トップページ | PLUTO 4   著:浦沢直樹、手塚治 »

コバルト・ビーンズetc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカーレット・クロス 10  著:端山いつき:

« (映画) エコール | トップページ | PLUTO 4   著:浦沢直樹、手塚治 »