« 東方SS読んだ おこたのある日常ほか | トップページ | スカーレット・クロス 10  著:端山いつき »

(映画) エコール

意味がよくわからないです。
ロリとか百合とか目にしたんで見に行ったんですけど、
ロリとか百合とか以前によくわからない。
というかロリ目当てで見に行っても
あまり嬉しくなるところはないんじゃなかろうか。
人によるだろうけれどさ。
百合にしてもあんまり。

いずれにしても、そういう視点では撮られていないと思う。
ロリっ気は強いが、日本的な萌えとかエロスのロリではないので
そういう視点からは微妙。
もしそういう視点から撮られた映画だとしたらフランス人を尊敬する。
まったく伝わらなかったけれど。


虫かごのなかの蝶(というかサナギ)だろうか、この話は。
かごのなかに安住していれば綺麗な蝶としていつか出してもらえる。
羽化直後はかごに閉じ込められたまま観賞されるが、そのうち出される。
特に優秀なものは早くに。
しかし出ようとすればペナルティが襲ってくる。

被せかたがあからさますぎてそう思ってしまうが表面的に過ぎるかな。
“卒業”する生徒への蝶を離しての説明。
離された蝶がすぐに交尾に向かうという流れ。
“観客”を前にしての蝶の羽をつけてのダンス。
そのダンスではなく、見ている観客と観客に見られていることを強調する視点。
“卒業”した生徒が噴水で遊び少年(青年)との接触で終わるという構成。

innocence とでかでかと出てくるということは上の視点にさらに
被せて少女に視点を戻しての解釈ができると思う。


まあ、娯楽映画ではない。
でもって、フランス映画だなぁと、これまた偏見をもって思ったのでした。

|

« 東方SS読んだ おこたのある日常ほか | トップページ | スカーレット・クロス 10  著:端山いつき »

その他(本以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (映画) エコール:

» 「エコール」少女たちが無垢だという幻想 [soramove]
「エコール」★★☆ 久々につまらない映画を見ましたね。 6歳くらいから12歳位までの少女達が、 森の中、高い壁に取り囲まれた館で暮らしている。 寄宿舎のようだけど、自分の意志では 外に出られないようだ。 まだ子供の体に白いぴったりとしたタイツ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 23:00

« 東方SS読んだ おこたのある日常ほか | トップページ | スカーレット・クロス 10  著:端山いつき »