« ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩の季節   著:深見真 | トップページ | スカイ・ステージ 新ソードワールドRPGリプレイ集NEXT 8 »

七人の武器屋 戸惑いのリニューアル・デイズ!  著:大楽絢太

七人の武器屋 戸惑いのリニューアル・デイズ!
著:大楽絢太  絵:今野隼史
富士見ファンタジア

リニューアルってあるからいわば第二部突入という流れかと思ったら最終巻?

しかしその流れが最高だ!
これの一巻を読んでた時から感じていて、ずっと裏に流れていた
やりたいことがみつからずに悩む主人公がそれをみつける
という流れがここに来て一気に表に来た。

主人公だけじゃなく、今まで強気に引っ張っていた
「前だけを見る」イッコのその理由が明かされ、さらに前に走ろうとする。
最終的な向かう先に、さらに走り出す。
同時にマーガスの前に与えられる選択肢とそれの選択に
悩む姿がものすごくいい。決断したイッコと対比されて、
言い訳を与えられて悩んで最終的な結論に至るまでがすごくいい。

このシリーズは軽い文体で話も軽く整合性なんて二の次で
勢いが重要な話だったけれど、この巻での勢いのつけ方は
いやもう燃える。冷静になったら馬鹿ともいえる話だ。
でもその決断と決行は馬鹿々々しいくらいに勢いがついているからこそ
ずっと魅力的になった。この勢いについていけたのは幸せだ。

イラストの人もすごいな。表紙はキャラの関係と話の内容をよく表してるし、
見開きのイラストは抜群。冒頭のドット絵やその直後の七人の絵は
編集のアイデアか?いい味だしてる。

ああもうこういう話とこういう終わりは大好きだ。
馬鹿な勢いだけの話だと思い続けながらもそのノリがすげぇ好きだった。
読み続けてほんとよかった。

|

« ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩の季節   著:深見真 | トップページ | スカイ・ステージ 新ソードワールドRPGリプレイ集NEXT 8 »

富士見ファンタジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七人の武器屋 戸惑いのリニューアル・デイズ!  著:大楽絢太:

» 七人の武器屋 − 戸惑いのリニューアル・デイズ! − [ライトノベル・漫画が好き☆]
七人の武器屋―戸惑いのリニューアル・デイズ!大楽 絢太 富士見書房 最初は表紙とタイトルを見て読み始めて今ではすっかりお気に入りのシリーズになりました。 と思っていたらこの巻で終わりというか一区切りついたみたいです ... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 00:04

« ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩の季節   著:深見真 | トップページ | スカイ・ステージ 新ソードワールドRPGリプレイ集NEXT 8 »