« メモ二つ 働かない理屈と共同出版 | トップページ | 海の仙人からいろいろ思ったりなんだり »

海の仙人  著:絲山秋子

海の仙人  著:絲山秋子  新潮文庫

いやー、よくわかんないなー。
文章が読みにくいと思ったりはしないし
なかなかおもしろかったとも思うのだけれど、
なんかよくわからんなー。

孤独ということとファンタジー(神様の名前)の繋がりがよくわからない。
ファンタジーを抜きにした人物関係はわかるが、
その中で、また孤独ということと絡んでファンタジーがどういう
位置づけになっているのか捉えきれない。

かなり安い文庫だったので値段に対する満足度は高いけれど、
大まかな解釈の形を出すにしてももう何回か読まないとわからんなー。

|

« メモ二つ 働かない理屈と共同出版 | トップページ | 海の仙人からいろいろ思ったりなんだり »

ハヤカワなどその他小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の仙人  著:絲山秋子:

« メモ二つ 働かない理屈と共同出版 | トップページ | 海の仙人からいろいろ思ったりなんだり »