« 善悪の彼岸を読んでいて思い浮かんだこと | トップページ | 小説の厚さ »

積極的な誤解というもの

*去年にメモしていたのだが、その後省みることなく放置していたので
*まとまりが悪いけれど放出。忘れ去るよりはちょっとましだろう。


積極的な誤解というものが存在する

誤解をしたがり、相手の意図を慎重に読み取ろうとはしない。
相手の考えを自分の予想で決めてかかり、
細部の主張を読み取ろうとはしない。

これは究極には、相手の言葉を認識していながら、認識していない行為になる。
すべて自分の予想のもとに相手の言動を決めてかかることになる。
その段階に至った人間との付き合いは非常に難しい。
自身の考えを述べても相手は受けとめてくれないのだ。
以前から述べてるアレ、他のだれかが言ってるアレ、または
俺が考えてるアレのことだね、といってこちらの“そのときの発言”を
まったく吟味してはくれないのだ。

これは無自覚からの場合だが、自覚的な場合というのも
掲示板(2ch限らず)には多々存在する。
一般にそこらにもあるけれど、掲示板が一番わかりやすい。
それは積極的に話題を作ろうとする場合やスレをよい意味で盛り上げようという
行動の場合もあるし、逆に徹底的に積極的な誤解をして
場を荒らそうという意図による場合もある。

対応はともあれとして、
積極的な誤解というものも存在すると認識するのは有用ではなかろうか。
まあ、バカの壁とくくれるかもしれませんが。

|

« 善悪の彼岸を読んでいて思い浮かんだこと | トップページ | 小説の厚さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積極的な誤解というもの:

« 善悪の彼岸を読んでいて思い浮かんだこと | トップページ | 小説の厚さ »