« カタハネ | トップページ | 東方SS読んだ  お茶と梅干しと憂鬱ほか »

神様のおきにいり2  著:内山靖二郎

神様のおきにいり 2  びしゃがつくの巻
著:内山靖二郎  絵:真田茸人  MF文庫

ロリが増えた。ゴスロリで犬のきぐるみでとはなかなかやるな。

この人はバランス感覚がいいような気がする。
または、この人のバランス感覚が好み。
ほのぼのとさせながら、妖怪(神)と人とは感覚に違いがあると
常にどこかに漂わせて、一気に怖い方向に話が展開しそうで
ありながらほのぼのとした範囲に収めているというか。
壊れそうでも一線を越えさせず読者への優しさがあるというか。

こういった、バトルに頼らない話をつくれるひとは好きです。
人との相違を認識しているからこそ、といったあたりが
これからも絡んでくるだろうし、楽しみなシリーズが一つ増えたかな。


…この巻の内容について、またはこの巻だけに言える感想は
最初の一文だけなんじゃないか、この投稿。

|

« カタハネ | トップページ | 東方SS読んだ  お茶と梅干しと憂鬱ほか »

HJ・GA・MF・SD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様のおきにいり2  著:内山靖二郎:

« カタハネ | トップページ | 東方SS読んだ  お茶と梅干しと憂鬱ほか »