« 今年最終 06下半期お気に入りなど | トップページ | 人口から読む日本の歴史   著:鬼頭宏 »

夢をみた

寝入ったのは年明けてからだし、初夢といわれるものかな?
元旦から2日にかけての夢を初夢とするのがポピュラーとあったり
1~3日にかけての初めて見る夢だったり解釈は幾つかあるみたいだけど。


最初はホール(正孔)の移動が云々という内容だったのだが、
なぜか何か(人、自分?)に追われていてそれから逃げてる内容になった。
自分のほかにもう二人子供っぽいの引き連れてたような。
どこかの二階、駐車場、下駄箱かロッカーを逃げまわって、
途中で自分一人だけになってなんか高いところ、
板を渡してあるだけの手すりもない二階か三階くらいの高さのとこにいって、
ちょうど一番高いところで立ち止まって「いや、ここが頂点だ」
とか思いながら追手を見てた。そいつは片手で板にぶらさがりながら
迫ってきて、その上の板(下り)を走り抜けて向こうに走った。
そこでは前に連れ立ってた子供?が安全地帯っぽいところにいて
なにか会話して?そこに誰かを連れてくればいいと了解したのか
また走り出した。で、よくわからないが追手と対面した。
なんかゲームっぽくなってPSコントローラで操っているのか、
四角とか丸とかの組み合わせの入力に相手より早く成功して
相手の星の数(ライフマーク?)を減らしきればここからコンティニューだと
すごい連打で入力するのだけど相手が速くて結局エンド暗転。
ちょっと前、板の上を走る前に戻される。
(この先にさっきと同じ板の場所があるとわかっているのだけれど
周囲の光景がちょっと違っていた。なんか広い。)

セーブしとけばよかった!と思いながらまた挑む気がしなくて
どうやればクリアできるのかわからなくてやる気なくして終了という
ところで目が覚めた。


高所恐怖症なのにおびえもなく手すりもないせいぜい横に20~30cmの
板の上を走ってたのは今思うと驚き。

すごい微妙な夢だ。

|

« 今年最終 06下半期お気に入りなど | トップページ | 人口から読む日本の歴史   著:鬼頭宏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢をみた:

« 今年最終 06下半期お気に入りなど | トップページ | 人口から読む日本の歴史   著:鬼頭宏 »