« 東方SS読んだ 山と女と魚ほか | トップページ | 表紙にりぐるん二つと香霖堂 »

メモ 萌えの使われ方と少女コミックの実態とさりげに男性差別と

日々のかとゆー巡回を復活。
目に付いたのが二つで、おまけにgooでみた記事も。

オタクの使う「萌え」、普通の人の使う「萌え」

んじゃ、オタクはどうよ?と言われると、自分の見ている周りではそんなに使ってないよなあ、という印象です。通常の会話の中ではまず使いません。使うとしたらなんらかの意図があるときや強調するとき。それでも全然。もちろん個人差地域差はあると思いますが。

内容に思うところは他にもありましたが、特にここか。
自分のまわりでもそうですね。オタ入ってる人のほうが「萌え」とは
言葉にださない。少なくとも、会話の上ではほとんどでない。
むしろ、「一般人」が日常会話で普通に声高に「モエー」とか言ってて
聞いてて恥ずかしいやら死ねと思うやらお前ら実際萌えたことないくせに
流行ってるからって使いやがってイントネーション違うよぼけとか思ったり。


少女コミックの実態を世間に知らせるスレ まとめサイト

こちらはずいぶん前から酷い酷いといわれていた少女コミックの性描写に
関してのまとめサイトがあったのかー、という理由。
PTAやら性描写の規制なんてのは積極的に動いてるのが
世のおばさま方だからなんでしょうか?偏見ですけど。
男性向け・少年向けのは積極的に規制かかってニュースにもなるけれど、
女性向け・少女向けのはあまりふれられてない印象なんですよね。
こういうのも男性差別といえるような。

|

« 東方SS読んだ 山と女と魚ほか | トップページ | 表紙にりぐるん二つと香霖堂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモ 萌えの使われ方と少女コミックの実態とさりげに男性差別と:

« 東方SS読んだ 山と女と魚ほか | トップページ | 表紙にりぐるん二つと香霖堂 »