« 完全なる廃人作成装置への一過程? | トップページ | ミヤスリサのとREIの部屋 »

長文?感覚の共有?

なにやらここ最近はITmediaの記事に気になるものが散発。

ネットから長文が消えたいくつかの理由

初めのあたりはなるほどねという内容で、
そしてまったく、そもそも自分がブログ始めた理由も
いってみれば自分に何が入力されたかを記録するというものだ。
また、日本で一般的な、ブログを日記として使うというのも
その視点的には出力というわけではないと思う。
そういう出力という視点からみるのなら、文章の入力スタイルだけでなく、
日本人がどうたらということもあるような気がするなー。


しかし、自分にとってなにやら思うところがあったのは以下。

今多くのブログはこのような「ブックマーク系」となり、ブラックホールのような存在となった。その人に何が入力されたのかはわかるが、出力がほとんどない。

(ちなみにこのブログテンプレートだと引用が読みにくいんだよねぇ。)

で、以下になにやら思ったところをつらつらと。

最近にとあるブログの記事を読んで唖然としたのだけど、
その記事はyahooなりgooなりのニュース記事を全文コピペして、
最後に一言ひどいとかなんとか感想をつけていたものだった。
ブックマーク系ともまた違うがこれもまた出力は殆どない例で、
上の引用を読んだときにまず思い浮かんだのはそれだった。

なんだこれと思ったのだけれど、でもそういう記事が存在することの
理由も思いついて納得もした。

それは、感情や感覚を共有したいという目的からの場合。
ニュースに限らず映画や本の感想なりなんでもいいのだけれど、
“自分と同じ感想”を求めて“感想記事”を探すというのがあるのではないか。
その場合、長い文章は要求されないし期待されないのではないか。

求められるのは自分と同じ感覚・感情を共有したかどうか。
ものごとに対して自分と同じ価値観や感覚を持っている人が
存在しているかどうかが興味の対象。
よって、ニュースを全文コピペして最後に一言ひどいねと
付け加えただけの記事も別段不思議はない。
同じようにひどいと思った人へ、同じように感じている人がいると
伝えているから、その記事には十分な需要がある。

感覚の共有を目的にwebを巡回していた長文を必要としていない層が
新たにブログなりを始めて発信する側になったとすればどうか。
自身が求めていないことはしないだろう。
つまり、長文なんて書かないだろう。
感覚を共有するのには多くの場合長文が必要とされないから。

ブログに日記として気軽に文章を書く、という使い方が推奨されている
状況なのだし、長文を望まないし書かない層が増えたのではないか。
その結果相対的にネット上での長文比率は下がる。
そして、状況は大抵多数派が望むような形に変化していく。


ネット上にはいくらでも人の言葉が転がっているが
一番の関心ごとは自分と同じ感覚かどうか。
そのためには多くの言葉はいらない。同じだと確認できるだけでいい。
こんな感じの、感覚の共有というキーもどうだろう。
長文が消えた理由の一つとして。

あー、出力を自分の考えの表明と制限しているな。白黒つかないような、
いくらでも捉えようがあることに対する意見表明という意味で
出力という言葉を捉えている。
それを前提として言葉を組み立てているために方向の狭さがあるかな。
あと書き初めと後半とで統一感がないような気も。

|

« 完全なる廃人作成装置への一過程? | トップページ | ミヤスリサのとREIの部屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長文?感覚の共有?:

« 完全なる廃人作成装置への一過程? | トップページ | ミヤスリサのとREIの部屋 »