« 教艦ASTRO 1 | トップページ | 物理学の未来 »

「HOME」はどこを向いているのだろう

ソニー、PS3用3D仮想世界「Home」を発表
この記事で印象に残ったのは second life 側が喜んだこと。これは、自分達が価値あるものに最初に気づいたということが証明されたと喜んだのかな。

何故Xbox360は売れないのか?
こちらは日本でXBOXが売れなさすぎなのは、どちらを向いて売ろうとしているのかわからないという話。

なぜこのリンクも持ってきたかというと、PS3も売れてないからという理由ではなく、HOMEはどちらを向いているのだろうと思ったから。特に、CMによるイメージ展開とXBOXの購買層やラインナップとの齟齬がみられ、それもXBOXがこけてる理由だろうという見解が上のリンク先にあるのだが、このHOMEはどうか?

PS3はどの層に売れているのか?その購買層は?HOMEは幾つか制限があるようなのだけれど、それが家庭のリビングでのプレイを想定しているからでは、などと書かれているのだが果たしてそういう層に売れているのだろうか。個人的には、今はそういう層に売れてはいないのではないかと見える。そうだとすればHOMEの目指す方向は怪しい。今PS3を持っている層に売り込むにはかなり魅力がないのではないか。

ただ、これからそういう層に売りたいのだろうと見ることは出来る。PS2の普及台数をみるなら、PS2の代替えとして売りたいなら確かにHOMEの目指す方向は間違いではないと思う。しかし、PS3では互換の問題が、特に欧州で新たに売り出すやつでは大きいらしいので、PS2の代替えとして売り出す路線に躓きがあるように思える。だとすれば、HOMEで売り込みたい先として想定している層が果たして存在するのかどうか?

もっとも、second life が外国で流行っているもの、という認識だからこの程度の見方になっている可能性がある。日本でも流行るようなことになれば見方が変わり、そして今流行っているところではHOMEへの見方がまた違うのだろうと思う。同じ事、同じような世界がPS3でもできますという価値がずっと大きいのかもしれない。ゲーム機を持っていればPCゲーもできるという流れがあるのなら、仮想世界への需要も大きいのかもしれない。

しかし結局のところ守りのためのソフトな気がする。PS3でもできますよ、ということに終始しているような。もっとも、遊べるものを増やすという意味ではゲーム機の提供側がとる正当な手法といえるのだけれど。

ちなみに、遊べるものを増やすという意味でなら、そのうちにXBOXでエロゲーができるようになると信じて止まない。サターンやドリキャスの臭いがしてならないというか。PS3でもいいんですけどね。どちらにしろハードディスクあるし。そうなればwindowsを買わなきゃならない理由の八割ほどはなくなるし、PCのスペックを気にしなくてもよくなる。
そういえば、PSPに移植されるんじゃないかという見方もあるようで。ああいうのはむしろ携帯機で、という需要があるだろうという。……そうだな、そっちのほうがいいかな。

|

« 教艦ASTRO 1 | トップページ | 物理学の未来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「HOME」はどこを向いているのだろう:

» PS3dePS3@PS3情報ブログ [PS3dePS3@PS3情報ブログ]
突然のトラックバック失礼します。 PS3に関する情報を紹介しているブログです。ゲームソフト情報や、PS3本体激安情報など、色んな情報を紹介しています。よろしければ遊びにきて下さい。 [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 15:14

» psp gps [psp gps]
psp gps掲示板 [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 16:17

« 教艦ASTRO 1 | トップページ | 物理学の未来 »