« できた、かな | トップページ | Venus Versus Virus 1 »

生物学のすすめ

生物学のすすめ  著:J・メイナード=スミス
訳:木村武治  紀伊之國屋書店

原題は' The problems of biology'
図書館で新刊台にあったから新しいかと思って読み始めたが、90年の本。
まあ、特に最新情報に詳しいわけでもないので、
古いと感じたわけでもないけれど。

内容はブルーバックスを文字大目でイラスト少なめにしたような感じか。
もっとじっくり、それこそきっちり理解しようと思いながら読めば
別なのだろうが、よくわからないことに出くわしてもそのまま流し読む、
なんて読み方をしてしまったので、
遺伝や進化を説明できてたりできてなかったりなんだなー、程度。

ブルーバックスや生物の教科書を読んだことがあって、
ある程度単語の理解がないと読むのがつらいんじゃないかな。
まったくの素人よりも、ちょっと言葉を聞き齧りましたという人に
さらに興味を持たせようという書のように思えた。

しかし、正直なところよくわからなかったです。

引用
P.24

知らないことは、知っていることにもとづかなければ理解できないのです。

|

« できた、かな | トップページ | Venus Versus Virus 1 »

本(小説以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生物学のすすめ:

« できた、かな | トップページ | Venus Versus Virus 1 »