« DVDライターかわいいよ | トップページ | ヒット商品を最初に買う人たち »

キートン→彩雲国な朝でガガガ

 彩雲国のアニメけっこうおもしろいね。総集編だからかもしれないけれど。しかしまあ、あの絵では黄色の人が顔出しても目立たないよなー。
 原作は四巻くらいまでで読むのやめたけれど。原作一巻はホモってるけれどおもしろかったのが、二巻以降ほもぐあいが減るのと同時におもしろみも減っていったというかなんか好みからずれていったというか。まだ宮廷にいるあたりは十分におもしろいと思ってたのが、出たとたんになんか好みからはずれた。逆ハーは別に気にならなかったんだが。
 アニメはどこまでやったのかな?地味に楽しみ。

 ガガガ文庫なんていうやる気あるのかどうかよくわからないレーベル名でバブルに乗じてのりこんできてちょっとこければすぐに撤退するんじゃねーのといううがった見方をしてしまう小学館のライトノベル部門が五月から来るみたい。ロミオが書くのかーと築地がいるのに驚きで深見と中村九朗で驚愕。というか中村九朗が第二の深見に見えてならない。
 でもまあ、うぶかた本人がなに出してくるかどう名前だしてくるかと清水文化が書くのかどうかくらいがとりあえずの関心。あとエロゲーから引っ張るのなら嵩夜あや出してくんないかなー。クロハネの人が出しても買う。

|

« DVDライターかわいいよ | トップページ | ヒット商品を最初に買う人たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キートン→彩雲国な朝でガガガ:

« DVDライターかわいいよ | トップページ | ヒット商品を最初に買う人たち »