« 日記とライブドアのと | トップページ | 東方SS読んだ 夏の夜の宴の後でほか »

著作権と同人の行く先

 いろいろと、どうなんだろうなーと思いながら書いてたら長くなったので別に。リンク先と並べると自分は同人にばかり目が向いてるなというのがよくわかります。

 著作権はどうあるべき? :: 著作権関連 ( 少年少女科学倶楽部)
 同意したいところや同意できるところもあるのだけれど、なにか釈然としない。スタンスの違いか見えているものの違いか、著作権保護側が無条件に悪役になっているように見えてしまうあたりだろうか。容易に乱用されうる状態だとは思うし、その割に議論もなにもないようにも思うけれど。(そして自身も変わりえる代替案を考えるでもなく二次創作を積極的に消費している、という。)
 業界が同人から利益を得ているだろうことには同意するが、しかしそれは目に見えにくい。プラス面とマイナス面の換算や起用の仕方によっていわゆる関係者の側が足並みそろわないだろうとも思う。潔癖症だったり逆に商業で二次創作的にやったりと極端なところが目立ったりはするだろうけれど。
 二次創作が大量に出回り、一次創作者以外の利益となっているとき、一次創作者が(言い方は悪いが)その儲けを何割かよこせと言うのは“間違ったこと”なのだろうか。儲けの話でなく、内容についての場合に、それはやめてくれと言ったとしたら、それはおかしなことだろうか。二次創作と宣言しているのに、その宣言者にそう言ってはだめなのだろうか。実際にすべてでその仕組みとなったらずいぶんとせせこましく、表現が規制される状態だとは思う。しかし、二次創作を黙認することのメリットが目に見えてわかりにくい状態が続くのならば、いつか一次創作の側が強力な規制に乗り出してもおかしくはないのかもしれない。なぜなら、人の何かを認識する能力は具体性あるカタチに対しては容易に働くが、一見わかりにくい、それこそ視覚的に捉えることのできないものに対する認識能力は一般にとても低いのではないかと思うから。メリットがよくわからず、しかし自分に金が入らない自分発のものが大量に出回り自分以外の誰かの懐を暖めている(そしてものによっては、その内容がとても受け入れたくないものだったりもする)。そんな状態にあるものが攻撃されないことがあるだろうか。
 ずっと以前、ナップスターの音楽共有が問題になっていたころ、何十万枚以上も売り上げるアーティストでは売り上げが落ちたけれど、流通がずっと少ない売れないアーティストの場合、むしろ共有されることで宣伝効果があり売り上げが伸びたとかいうのを見た記憶がある。これは同人にも似たことが言えるのではないだろうか。規模が小さければ同人を肯定するが、ドル箱を抱える大手はそのうちに強力な規制を求め始める、という風に(いや、もう始まっているのかな?)。
 この立場の違いがある以上、一律な規制や金銭の流れなどといったあまり歓迎できない方向にのみ進むとは限らないが、逆に足並みがそろわず強いプレゼンスを行えず、なぁなぁで現状が維持され、時に強権が発動されるといった状態にはなりえると思う。なんらかの新しいカタチが作られるべきだとは思うのだが、でもならばどんなカタチであるべきなのか。。

|

« 日記とライブドアのと | トップページ | 東方SS読んだ 夏の夜の宴の後でほか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 著作権と同人の行く先:

« 日記とライブドアのと | トップページ | 東方SS読んだ 夏の夜の宴の後でほか »