« ねじまき博士 2、3 | トップページ | ぼくと彼女に降る夜 »

銀月のソルトレージュ 2

 銀月のソルトレージュ 2  金狼の住処  
 著:枯野瑛  絵:得能正太郎  富士見ファンタジア

 これは傑作だ。すばらしいという意味でも、そして残念なことに滑稽であるという意味でも傑作だ。
 枯野の作であるのに地味に良作などと消極的な評価をしないでいいことに感動する。はっきりと、良作であっておもしろい。始まりから糞のような帯もやむなしかと思える展開でがっちりと捉え、しかし中盤から終盤へと、それこそ嘘が暴かれていくほどに物語へとぐいぐい引き込まれる。すべてが暴かれ、すべてが終わったときに、そのセリフすべてに意味があったとわかったときの感動と賞賛は、これがはっきりと傑作であると叫ぶことに躊躇を覚えさせない。
 確かにアリスがかわいい。萌えるのも認めよう。しかし、物語として、一冊としてみれば、主役はそちらではない。ジネットであり、ライアだ。そちらであるとすればネタバレにも、そして地味な良作的な主張となることも認めよう。しかしそれでも、その二人なのだ。

 しかししかし、なぜ帯が糞であってそして滑稽である意味でも傑作であるか?
 それはこの内容であるのに帯がああであることと、それが富士見の文庫編集部が昨今の萌えの流れをまったく理解できていないことの証左でもあるからだ。内容を反映できていないこと、萌えの主張のしかたがまったくわかっていないことがあの帯から伝わってしまうからだ。スポーツ新聞や一般人の感覚を見てどうするというのだ。電撃やMFから学べ馬鹿編集め。それともこの罵倒は営業に向けるべきなのか?

 まったくもって傑作だ。一巻で感じた違和感にも納得だ。これは後で一巻を読み直しておきたいな。
 以上、読んだ直後の興奮状態からの記述でした。

|

« ねじまき博士 2、3 | トップページ | ぼくと彼女に降る夜 »

富士見ファンタジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀月のソルトレージュ 2:

» 銀月のソルトレージュ 2 金狼の住処 [ライトノベルっていいね]
銀月のソルトレージュ 2 金狼の住処 著者 枯野瑛 イラスト 得能正太郎 レーベル 富士見ファンタジア文庫  面白くなりそうかも?  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがと... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 19:28

« ねじまき博士 2、3 | トップページ | ぼくと彼女に降る夜 »