« エコロジーの歴史 | トップページ | 水曜日:坂口博信氏が語る、、とか馬鹿フィギュアとか »

SeaMonkey?

 The SeaMonkey Project
 google の Docs & Spreadsheets は Opera だと使えないのだけれど、拒否られた時にこれを発見。なんだろうと思ったのだけれど、つまるところMozillaのweb関連一緒に入れました、かな?日本語はまだないみたい。いや、それともfirefoxの絡みだからすぐに日本語化される?それとも見つけてないだけか。

 でもまあ入れてみてちょこっと触った。
 Firefoxだとインストール時にOperaも認識してブックマークをコピーするか聞かれたのだけど、これはIEのを勝手に引っ張ってくるだけか。あと、Operaみたいに同一タブでメール扱えることを期待していたけれど、別window開いて扱うからブラウザとメールソフトはほぼ完全に別アプリで、単に互いに互いの起動ショートカットとパスを持ってるようなものか。これからIE離れてMozilla系列に手を出そうという場合には、まあ有用なのかな。一式入っている上に導入に手間がかからない、今までと(IE+Outlookと)ほぼ同じ外観と使い勝手、というライトユーザーへ普及させる基本を抑えてもいるし。2,3年Outlookを起動させてないから同じかどうかは適当に言ってるけれど。
 まあ、Operaでいいじゃんと思うわけですが。
 Operaももっと率増えていいと思うのだけれど。未だ有料だとでも思われているのかな?Wiiやら携帯やらで知らず使っている人もけっこういると思うのだが。

 そういえば、次のThunderbirdではGmailへの対応がなされるらしいが、そういったwebメールの普及でメール専用ソフトへの需要が減少傾向にあることもこういう一緒くたにダウンさせる理由の一つなんじゃないかな、と。webメールだけを使われるとメールソフトの出番がない。だから、使ってもらうにはメールソフト側も最近のwebメールへの需要をくみ取る必要がある。しかし、それはwebメールの存在を宣伝することにもなってしまい、需要の減少を加速させることにもなりかねない。だけれど、webメールも扱えてブラウザと統合させれば、わざわざgoogleその他行ってログインしなくてもブラウザ立ち上げるだけで全部のメールチェックができますよ、となって需要はあり続けるばかりかむしろ増加さえ見込める。もっとも、常時接続が一般化してる今に、ローカルのPCにメールその他を溜め込む必要性と需要は怪しいところなので、そこのところは選択性がいいのかも。

|

« エコロジーの歴史 | トップページ | 水曜日:坂口博信氏が語る、、とか馬鹿フィギュアとか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SeaMonkey?:

« エコロジーの歴史 | トップページ | 水曜日:坂口博信氏が語る、、とか馬鹿フィギュアとか »