« だから国語のテストで点をとれない | トップページ | 東方SS読んだ 幻想郷の巫女として他 »

ぼーっと彩雲を

 秀麗かわいいよ秀麗。
 というのがみてる側だけでなく全キャラ共通の認識って感じですね、彩雲国。コメディー色強かったので寝起きでぼーっとみるのにいい感じでした。皇帝は微妙にないがしろ。周囲からの結婚圧力に対してどう対応するのかって線もくるんでしょうかね。秀麗にとっては大概の選択肢は官吏からの引退圧力と等しいわけだし、そうなっては物語も終わっちゃうからしばらくは散々フラグ立てていいとこまで行くけど寸前で終了、の繰り返しかなー?皇帝があっさり後宮とか作っちゃってもなんかあれだし、へたれ皇帝がんばれ。
 そういえば原作では茶色のところだったかへの赴任過程で笑っちゃうような展開で悪い男っぽいのにたらしこまれてたような記憶が。原作はその結末見届けずにそのあたりで切ったので、たぶんそのあたりの展開だったと思われる総集編の回を見過ごしてしまったのをいまさらに後悔。続き読んでみようかなとか思ってしまうぜ。

 今日はキートンも通してみるつもりだったのだが、気づいたら九時だった。早寝しても遅起き二度寝をかますというのは改めたいなぁ。録画機器も持ち合わせてないし。持っていても録画するかは微妙だけれど。

|

« だから国語のテストで点をとれない | トップページ | 東方SS読んだ 幻想郷の巫女として他 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼーっと彩雲を:

« だから国語のテストで点をとれない | トップページ | 東方SS読んだ 幻想郷の巫女として他 »