« ライトノベルアワード2007予想 | トップページ | 「エロサイト だまされない」とか »

東方SS読んだ 幻想百景ほか

作品集その39 (真型 作品集38) 
・藤原の娘、悠遠の館を訪い 竹取の姫、贋月の酒を招く  ヤス
仲のよい二人というのもなかなか。そして春の夜の空気感の表現がいいですね。

・永遠の繭 ~居なくなった兎の話  乳脂固形分
あー、なるほどそういう解釈できますね。視点となっているオリキャラ雄兎が意外にも好感。また、月への想いや行動にもそのキャラらしさの説得力がなんとなく。

・朱に交われば赤く  れふぃ軍曹
咲レミで真っ正直にねちょーい。この方は毎回徹底して百合なのがすごいです。

・幻想百景  稗田阿求
幻想郷のある一日とでもいうべきか。平和で、穏やかで、そしてそれを書こうとする阿求の心情描写が魅力的。霊夢×萃香としてもおいしいです。

・幸せな時間。  宵闇むつき
はじめは、小悪魔に違和感あるなーと思っていたんですが、これはこれでありですね。最後のまとめかたからすれば、ぴったし。幻想への到達過程や静寂を共有という表現がなかなか。

・胡瓜の馬と茄子の牛  St.arrow
アリスはこういう人間らしいのがすごく合いますね。パチュリーは逆に妖怪らしいのが。その二人の会話がとてもそれらしい。

puti
作品集その16 (真型 作品集15)
・うちの従者は――  はむすた
展開が予想外領域に全力で飛び出して笑いがとまらない。

・あらよ春一丁  位置
リリーかわいいよリリー。

・偶には、ね  床間たろひ
春の訪れの表現がいい感じ。しかし、二次設定の刷りこみってすごいねと思い知らされる。いつ脱ぐかと。。

・ある藍の夕暮れ  新角
これも、特に激しく起伏あるでもない、日常感がいい感じ。

|

« ライトノベルアワード2007予想 | トップページ | 「エロサイト だまされない」とか »

同人感想(東方関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東方SS読んだ 幻想百景ほか:

« ライトノベルアワード2007予想 | トップページ | 「エロサイト だまされない」とか »