« ケツから火だぜと一段落 | トップページ | 暁色の潜伏魔女 1 »

ウルトラジャンプ 5月号

 SBRの出だしはギャグかと思った。
 天天はあっさり選手交替かと思いきや、なかなかいい感じな展開。
 天獄はえろいな。でもページ数がない。五月の三巻が待ち遠しい。つうか二巻はずいぶん前だったような。
 皇国はなんかもういろいろなものが感じとれる野郎共の顔のアップがいいな。帰国してからの展開が今から楽しみになる策謀にわくわく。 
 サンホラとのコラボ、ロマンの意味分からなさ加減もなかなかだ。しかし、UJは話がよくわからないのばかりなので、相対効果としてまだ話がわかるかもしれない。
 バイオメガは何をやってるかはわかるがなんでやってるかはわからない。とりあえず化け物系の描かれかたがすごい。今までこの人の描く普通の人間の顔は区別がつかんなと思っていたけれど、今回は見分けることができたのがうれしい。DRFのほうのたぶん唯一まともな顔を晒してる女の人の絵がなんか気に入った。バイオメガ見直しながらこの文章入力してたらキーボードがちょっと黒く汚れた。
 狗は白いのに。真っ黒なのと真っ白なのと、黒いほうが先にあるのは指の汚れに配慮してなのか。

 
 ほぼいつもどおりに読み切りは糞だと感じた。バスタとアガルタが休載だが、まあいつもどおりに戻った感がある。あー、裏表紙広告みたらPSPのFFTを買いたくなった。通信対戦とかどうでもいいのだけれど、ムービーっぽい場面の一コマのアグとイラストのアグが購買意欲を刺激してしょうがない。

|

« ケツから火だぜと一段落 | トップページ | 暁色の潜伏魔女 1 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラジャンプ 5月号:

« ケツから火だぜと一段落 | トップページ | 暁色の潜伏魔女 1 »