« 小生物語 | トップページ | 東方SS読んでない »

秋津島 斎なる神のしもべ

 秋津島 斎なる神のしもべ
 著:鷹野祐希  絵:水上カオリ  GA文庫

 表紙の巫女の絵はよくわかってらっしゃる!というのとご主人様からのつながりで買ってみた。今度は巫女ばっかりだ。このひと、そういうこだわりは堅持するっぽい印象なので次からも巫女ばっかりだろう。すばらしい。
 ご主人様のほうではどこかぎこちなさを感じたのだけれど、こちらは特にそういうこともなく。ある意味容赦なさがあって、人死にや神を宿らせないために処女喪失狙ったり敵対の間柄と判明したら主人公との今までの関わりをばっさり切り捨てたりと相手方に甘さがない。それで物語がなにかはっきりしている印象。

 まあ続きものの1巻という体なのもあって、この巻だけでは悪くはないくらいの物言いかなぁ。でもほんと、悪くはないので次も買う。正式タイトルが決まるまではコードネーム「巫女武侠」だったということも期待要素です。

|

« 小生物語 | トップページ | 東方SS読んでない »

HJ・GA・MF・SD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋津島 斎なる神のしもべ:

« 小生物語 | トップページ | 東方SS読んでない »