« 才能ある人間は努力しないという錯覚 | トップページ | カタハネ応援バナー貼り続けるよ »

Maxthon Tabbed Browser

 肥大化する『Firefox』に懸念の声(2)経由で Maxthon Tabbed Browserここに。

 Firefox自体は、まあ酷くないならそれでいいよ程度で特に関心はないのですが(メモリ1G積んでるパソで動かしてるマウスジェスチャくらいしか入れてないfirefoxが256MのパソのOperaよりレスポンス悪いような気はしたりするけど)、ブラウザの肥大化という問題は興味深かったので。その記事にあるように、webコンテンツがリッチになってブラウザに自然要求されるもの自体が大きくなってきているというのは大きいでしょうね。フラッシュやajaxやらを使うことで見た目や実際の利便性向上さらには最近っぽいというイメージの獲得などなど、利点があるわけだし。使い方悪くてひんしゅく買うだけな馬鹿なサイトも大量にありますけどね。ユーザーの立場から作ったサイトじゃないな、というものも。

 まあ、とまれ、その記事の一番下にはじめて目にしたブラウザがあって、はじめて目にした名前の人が最高だと誉めていたので入れてみました、Maxthon 。GeckoでもできるIEコンポーネントなブラウザで、1.6と2.0があったので最初1.6で次に2.0を入れてみた(デフォルトはIEコンポ。ちなみにIE7は入れてます)。1.6は言語の日本語化も追加。2.0は最初から日本語オッケー。

 1.6の場合。とりあえず誉められてるだけあって描画はけっこういい感じ。快適。マウスジェスチャも初めから設定されていて、上下へのジェスチャが上下へのスクロールなのはけっこう便利かも。ジェスチャの動きへの反応はけっこう柔軟(オペラになれるとfirefoxのジェスチャは若干柔軟性が足りない。特に右クリックを押したタイミングに関して)。戻るでの再描写スピードもまあまあ。設定も他と比べてわかりにくいということもないんじゃないかな、たぶん。ぶらみたいにデフォルトでやたらにボタンあるわけでもなく、外観の項目はそれなり。拡張関連使うほどには試してないけれど、ネットまわるにはトータルでいってなかなかあり。ただ、ツールバーやアドレスバーのところなど外観の変更に関して自由度がいまいち。どうやれば変更できるかもいまいちわからず。ものが多くていまいち消せなくて、1024x768の画面では上がやぼったい。IE7ですらすっきりとした状態なのだから、ここは減点。

 2.0の場合。外観操作と描画のあたりが1.6と逆だなぁ。まず、外観のツールバーなどの部分が容易に変更できてボタンの消したり増やしたり配置換えたりが簡単。さらにウインドウフレーム(「ファイル」とかの上の右上に閉じるとか最小化とかのボタンあるライン)も消して画面をちょっと大きく使えたりで、この部分は正統進化。いい感じ。しかし、感覚的なものでしかないけれど、描画がなんか遅くなったような。広告ハンターというまあポップアップブロックの進化系のようなものが反応しすぎているのか、戻るでの再描画含めちょっと遅くなった感。あと、文字エンコード指定がどこだろう。s-jis とかEUCとかの変更や指定読み込みどこだろう。でもってお気に入りをオペラからHTMLで出してこれに読み込ませようとしたらうまくいかず、その上文字化け。おそらく、そのあたり全部ユニコードで読むようになってるからじゃないかと思うけれど。(関係ないけどそういえばこんなのもありました。「私のために争わないで」文字コードのUTF8さん、自殺

 ある程度使ってみないとはっきり使いやすい使いにくいとはいえないが、でもまあどこかの人が最高と言っているだけあって悪いことはないな。どうしてもOperaじゃだめってときには使おうか。1.6と2.0どちらにするかは、基本2.0で怪しさ感じたら1.6に戻るって感じかなー。設定もう少し眺めてみたい気分はある。タブ3つくらい開いた状態でのメモリ使用量をタスクマネージャで見るにオペラより若干少ないがたいした違いではなかった。

 まあ、普段はオペラままで非常時に使おうかな。ぶらよりは気に入った。でもブックマーク移動できなかったからサブというより非常用。firefoxはオペラのブックマークにも反応してくれたのに。

|

« 才能ある人間は努力しないという錯覚 | トップページ | カタハネ応援バナー貼り続けるよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Maxthon Tabbed Browser:

« 才能ある人間は努力しないという錯覚 | トップページ | カタハネ応援バナー貼り続けるよ »