« ブログ開始から半年たちました | トップページ | 風邪ひいた »

マーケティングの革新

 マーケティングの革新  未来戦略の新視点
 著:T. レビット 訳:土岐坤  ダイヤモンド社

 古本の奉仕品で購入。出版は1983年で、さらに20年くらいまえには日本語訳が出ていたけれどそれが絶版になっていたので再訳という形で、らしい。都合40年以上前に出ていた本ではあるけれど、なかなかおもしろい。もともとこの本を買うことにしたのは、一番最初にあった「変化の激しい時ほど、変化しないものが多く残る。」という格言に妙に納得したからだったりする。

 で、なかなか考えるところ、現実への適用を考えるところとあって、例としてあげられたものに古さを感じるところがあるけれど、内容への古さはそれほど感じることもなくためになるなと思いました。顧客の需要から始まること、良い製品だから売れると考えてしまう失敗、製品自体が環境を変えることがあるなどなど、実例をあげながらの説明で納得しやすい。そんなわけで読んでるときにはいろいろと納得したり頷いたり考えたり。のだけれど、いざ感想かこうとしてあまりでてこない。むむ。

|

« ブログ開始から半年たちました | トップページ | 風邪ひいた »

本(小説以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーケティングの革新:

« ブログ開始から半年たちました | トップページ | 風邪ひいた »