« 日記っぽいもの 070606 | トップページ | 東方儚月抄 第一話(ComicREX7月号) »

黄昏色の詠使い II

 黄昏色の詠使い II 奏でる少女の道行きは
 著:細音啓 絵:竹岡美穂  富士見ファンタジア

 積んでるってのを意識したら読む気力が障壁ポテンシャルを超えた。で、感想。

 読み初めから引き込まれて、続きが気になる先が読みたいとなった。一巻での主人公がこの巻でも主人公だろう(少なくともメインで出張るだろう)という予想がはずれて、一巻の主人公とヒロインはだれだっけ?今回メインになってるキャラは一巻でメインではなかったような?となってちょっと混乱したけれど、メインで描かれるキャラを把握してからはすんなり。主人公の影うすいなーとは思ったけれど、おもしろかった。どうも作者さんいろいろ構想あるようで、次へとつながる配置もおもしろく、気になるところ。

 なわけでおもしろかったのだけれど、なんだろうなぁ、なにか違和感というか釈然としない感というか。なにか引っ掛かって、素直におもしろかったといって終われない。こんなどこか気に入らなかったとでもいうような言葉を書かずにいられない。実際、こいつはすごい気に入ったとはいかなかった。1巻は馬鹿みたいに気に入った記憶があるのだが(1巻の感想)。なんだろう、なにか、いまいち。こんなんいいつつ、1巻をぶち壊してる2巻というわけでは決してないと思ってる。でもなにか、合わない。


 そういえば、感想書こうかと内容を頭のなかで思い出しているときに、サガフロ2が思い浮かびました。

|

« 日記っぽいもの 070606 | トップページ | 東方儚月抄 第一話(ComicREX7月号) »

富士見ファンタジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏色の詠使い II:

« 日記っぽいもの 070606 | トップページ | 東方儚月抄 第一話(ComicREX7月号) »