« マリア様がみてる フレーム オブ マインド | トップページ | イチゴ色禁区 3 »

少年は、二度太陽を殺す 2

 少年は、二度太陽を殺す 幻惑の国の皇子
 著:和泉朱希 絵:唯月一  ビーンズ文庫

 作者的には1巻で完全にけりがついていたのか。そういうところは感性が重なってるかも。この作者を追い続けたら意外にしっくりくるかな?

 内容はかなり1巻から続いていて、登場人物の過去にとった行動(1巻の行動)が頭に入ってるとすんなりなるほどなぁと対応つくのだけれど、ほとんど忘れてるとびみょうにおいてけぼりな気分に。とはいえ笛にまつわる設定と残っている疑問と理由がよめない相手の行動で、1巻の内容がどうもおぼろげと思いつつも次が気になって読み進めてしまう。

 軸はヤンとイウサールなんだねぇ。口ではどうこう言ってもまっすぐで互いを信頼している若い二人、ですね。最近は少年二人のそんな関係のはなかなか触れてなかったので新鮮味もあって楽しめました。でもバトルシーンはちょっと下手かな。笛や小競り合いはそうでもないが、ちゃんばらになるとちょっといまいちのような。

 まあそれはともかく、そんな二人を書いときながらこの終わり。一応この巻だけでも話として一段落しているけれど、今回は作者もはっきり続けるつもりだよね?お姫様がまたも蚊帳の外におかれないことを期待しつつ、3巻待ち。

|

« マリア様がみてる フレーム オブ マインド | トップページ | イチゴ色禁区 3 »

コバルト・ビーンズetc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年は、二度太陽を殺す 2:

« マリア様がみてる フレーム オブ マインド | トップページ | イチゴ色禁区 3 »