« 少年は、二度太陽を殺す 2 | トップページ | カナスピカ »

イチゴ色禁区 3

 イチゴ色禁区 (3) 春の禁区のその果てに
 著:神崎リン 絵:文倉十  角川スニーカー

 打ち切りな気がする。サブタイトルの季節一周しなかったし。とはいえそれなりに話をたたむことはできてると思う。中途半端というか、このロリコン主人公とロリコンな小説になにが求められているか、という点ではハズレ気味だけれど。打ち切り臭漂う最後の展開とそれに至るご都合主義な展開は、しかし話としてひどすぎはしない。糞とまではいかない。打ち切りだろうなーという気分で読んでたのもあるし。雑誌で出したらしい短編キャラを何の説明もなく主要キャラとして扱っているのは正直糞といいたいが。

 だがたいしたことではない。問題はこまに浮気した主人公と、ロリとの関係をうやむやにした中途半端な主人公にふさわしい中途半端なエンドだ。なんだこの主人公。ロリコンのくせに見苦しい。エンドも結局煮え切らないしおもしろくない。これなんてエロゲってのは主人公の下ネタやセクハラにではない。ロリキャラに向けての言葉だ。こんなエンドでは誉める意味でのこれなんてエロゲという発言はできんな。前半はいいのに、後半が酷すぎる。エロゲといわれるのが誉め言葉とあとがきに書くような人間が、物語を収束させるためとはいえこの後半の展開に本当に満足しているのか?

 ……後半の展開は糞って言ってるのと同じだと気づいた。

|

« 少年は、二度太陽を殺す 2 | トップページ | カナスピカ »

角川sneaker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチゴ色禁区 3:

» イチゴ色禁区 3 春の禁区のその先に [ライトノベルっていいね]
イチゴ色禁区 3 春の禁区のその先に 著者 神崎リン イラスト 文倉十 レーベル 角川スニーカー文庫  終わっちゃった。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうございま... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 18:10

« 少年は、二度太陽を殺す 2 | トップページ | カナスピカ »