« 明るい部屋の謎 | トップページ | バイオメガ 3 »

ウルトラジャンプ 9月号

 表紙がくまー。掲載の頭二つがBIOMEGA、DOGSって順番なのにびっくり。そして今回休載がない。珍しい。

 今何やってるかは見て理解できるけれどなんでやってるのか、ストーリーがどうなってるのか理解できないというのが多いですね、相変わらず。バイオメガはまさにそれ。でもカラーがきもいすごい。あとこの人の絵で人間キャラに萌えることができるとは思わなかった。>3巻の表紙

 ピースメイカーがちょっとおもしろくなってきた。今回は話が動いたのがよかった。また主人公が銃撃って終わりじゃなかったのがいい。あとでかいはげが単純な悪役っぽくない言動で、どうなってんだろう?と話が気になった。
 天天が絵だけ漫画と言われる本領発揮な気がする。インフレでの逆転逆転なつながりはともかく場面場面はいいね。
 ロマンは、いつかyoutubeで友人からこれサンホラ?と紹介されて見て爆笑した内容と似ているような気がする。
 天獄は絵がえろい。えろい場面じゃないのに。
 アガルタはタマリスクについてちょっと理解しました。
 今回の読みきりは奇跡的にUJ編集部のギャグセンス、笑いのセンスと自分の感覚とが一致しました。くすりと笑えた。

|

« 明るい部屋の謎 | トップページ | バイオメガ 3 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラジャンプ 9月号:

« 明るい部屋の謎 | トップページ | バイオメガ 3 »