« ローゼンメイデン | トップページ | 東方SS読んだ 天まで届けほか »

感覚違うと漫喫とソーシャルブックマーク

 『らき☆すた』のおかげで手塚治虫の気持ちがわかった。
 というのをかとゆー経由で見たのだけれど、らきすたについてはともかく(アニメ見てない・原作漫画も持ってないなので)内容については頷きました。手塚治虫のエピソードにあるようにらきすただけじゃなく、他のたいがいどんなのにも成り立ちますね。

 まあ、個人的にはずっと狭い2chのライトノベル板での経験から頷いたのですが。最近では詠使いのスレがきもいなぁと思って。詠使いがおもしろいとは思ったのだけれど、なんかこのスレの空気は違うなあわないなおもしろいという同じ言葉でもどこか違うような気がすると。この時点で使い方や感覚はリンク先とずれてますけどね。空気が違う、という方向に大きくずれているし。でもその、自分の感覚はおかしいのか?どうしてどこがそんなにおもしろいの?という目を向けてしまうというのは共感できる。


 話し変わって、
 ローゼンを漫画喫茶で夜中に読んできたわけですが、夜中の漫喫ってけっこう寝てる人が多いんだなぁ。寝落ちしてるというだけじゃなくちゃんと個室のライト消して。カプセルホテルのような使われ方もされてるんだなと、ニュースかなにかで見たことを実感しました。大規模店で、実際ここで1日2日なら過ごせると思うくらいには快適な場所でした。まずめったに漫画喫茶いかないのだけど、暇なったらまた来るのもいいなとも思った。まあそんなに読みたい漫画はないけれど。アガルタとブラムくらい。その店は個室などの環境はいいけど漫画の揃えはそこそこでしかなかったし。


 使ってみてわかるということが普遍にあるわけですが、ソーシャルブックマークが最近自分にとってのその対象。この記事の最初の文章を載せれるまでいかなくとも、とりあげることはできる場所のほうがいいなぁと。希望はクローズドもできてweb上の閲覧履歴とメモを残せるようなサイト。そこまで共有しなくていい。ブログに書こうとするとどうしても長くコメントしたくなる、というか長くコメントを考えてしまうからソーシャルブックマークはありだなと思ったのだけれどnewsingはやはりニュース系なわけだし。なにか探そうというのが盆休みの課題その1。

追記:2009/01/21
今になって漫画喫茶の略としての「漫喫」を「満喫」と間違えて書いていたことに気づいた。修正。はずい。

|

« ローゼンメイデン | トップページ | 東方SS読んだ 天まで届けほか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感覚違うと漫喫とソーシャルブックマーク:

« ローゼンメイデン | トップページ | 東方SS読んだ 天まで届けほか »