« 七人の武器屋 ラストスパート・ビギナーズ! | トップページ | みすてぃっく・あい »

パラケルススの娘7 ラーオ博士のサーカス

 パラケルススの娘7 ラーオ博士のサーカス  著:五代ゆう 絵:岸田メル  MF文庫J

 いや、流石。文章と雰囲気、そして物語が実にしっかりとしていておもしろい。重厚ではないが、軽めとも言い切れない。キャラの軽さで全体が軽くても一枚剥ぎ取るとけっこう重さがあります。重さを感じさせつつまったく辟易とはさせないあたりがなんとも妙があり。

 クライマックスへの助走というが、しかしこれの終わりはどこまでが終わりになるのだろう。パラケルススの娘の問題だけか、それとも遼太郎の跡取りとしての問題も解決された終わりにたどり着くのか?というか最近遼太郎のイラストがどんどん男前に。

 おおよそ小出しにされていた今までの情報から推測されるままの過去が明らかになったけれど、それでもまだわからないことが。結局、何を目指して、なんで入れ替わっているのか。

 やあしかし、けっこうえぐくなってきたなぁ。このイラストに描かれる衣装でか、えろいなえろいな無邪気だなえろいなの行きつく先が、それが薄ら寒く残酷に感じるようになる展開がなんともえぐい。本家からの絡みは間諜の言葉が正しく時代に乗っているがゆえに、行動の是非はあれ重く突きつけるものがある。クライマックスへの助走という言葉を物語から確かに実感できる。

|

« 七人の武器屋 ラストスパート・ビギナーズ! | トップページ | みすてぃっく・あい »

HJ・GA・MF・SD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラケルススの娘7 ラーオ博士のサーカス:

« 七人の武器屋 ラストスパート・ビギナーズ! | トップページ | みすてぃっく・あい »