« ウルトラジャンプ 11月号 | トップページ | RIGHT×LIGHT ~空っぽの手品師と半透明な飛行少女~ »

BLACK BLOOD BROTHERS 8

 BLACK BLOOD BROTHERS 8 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 宣戦恋歌―  著:あざの耕平 絵:草河遊也  富士見ファンタジア

 これが盛り上がらずにいられようか。まさに宣戦。第二部終焉の敗北からの立ち直りとはっきりした対決の宣言。取り戻すための各自の想いと決意と行動があらわれる。

 第三部のプロローグのようなもので話はまだ落ち着きと若干の停滞感がある。特にミミコは完全に立ち上がるまで時間がかかる。ギルバートのあたりはなんか空気違うくない?とか思ったり。でもそれがゆえに、覚悟を決めたことによる開放感が強い。その時にむけて抑えられ、ためられているモノへの期待がもう膨らむふくらむ。熱いバトルやってるわけじゃなく、いわばひたすら準備してる段階ともいえる。でもこの巻まで積み重ねられてきたものが、その準備のむかう先へと期待を導く。先がどうなるのか、次からの展開に期待して気分が盛り上がってしまう。

 いやもう楽しみでしょうがない。展開はまだ抑えられているのに、熱くなってしまう。次が読みたい。9巻まだー?

|

« ウルトラジャンプ 11月号 | トップページ | RIGHT×LIGHT ~空っぽの手品師と半透明な飛行少女~ »

富士見ファンタジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLACK BLOOD BROTHERS 8:

« ウルトラジャンプ 11月号 | トップページ | RIGHT×LIGHT ~空っぽの手品師と半透明な飛行少女~ »