« くじびき勇者さま 5番札 | トップページ | ARIA 11 »

現代の貧困

 現代の貧困 ワーキングプア/ホームレス/生活保護  著:岩田正美  ちくま新書

 格差と貧困は同一でない、という視点がいわれてみればその通りなのだけれど、言われてみるまで気づいていなかった。それに気づいた、というだけでも価値があった。また、ワーキングプアといった言葉で最近になって貧困が発生したかのような誤解を今まで抱いていた、ということに気づけたのもよし。

 貧困の問題は、どこからを貧困とするのかその線引きにまず困難があり、そのラインは社会があってはならない生活状態であるということ。社会として特に問題なのは、貧困を抜け出すことのできない層であり、一時的な貧困の経験を持つ人が存在することは大きな問題ではないということ。

 著者も述べているように教科書的な面があって、なるほどと考えるところはあるけれど中盤は若干眠い。ただ、ワーキングプアや格差社会という言葉に踊らされたままに貧困をとらえる、ということからは多少離れることができたかなと思った。

|

« くじびき勇者さま 5番札 | トップページ | ARIA 11 »

本(小説以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代の貧困:

« くじびき勇者さま 5番札 | トップページ | ARIA 11 »