« 円環少女 (6) 太陽がくだけるとき | トップページ | スプライトシュピーゲル III いかづちの日と自由の朝 »

オイレンシュピーゲル 参 Blue Murder

 オイレンシュピーゲル 参 Blue Murder  著:冲方丁 絵:白亜右月  角川スニーカー

 あとがきでここからがシリーズ本番というにふさわしく、相互にからんだ根幹の設定が出始めた。そして各短編(中篇?)も特に3話は設定が垣間見られることもあって物語がきっついね。後ろにいくにしたがってなにかもうずんずんと重くなる。なのにその重さにひきつけられてページをめくる手が止まらない。

 人格改変プログラムとそれに伴う記憶の焼失、特甲レベル3がキーか。涼月がメインの第1話は導入的で比較的おとなしいのだけれど、それをきっかけに動いていく2話以降の設定へ触れていく流れは登場人物と同様にどうなっているんだ?と気になって知りたくなって。

 しかしまあ相変わらず血がとんでるのだが多少和らいだのか感覚がまひしたのか、この話には血なまぐさいのがむしろぴったりくると思うようになってしまった。

|

« 円環少女 (6) 太陽がくだけるとき | トップページ | スプライトシュピーゲル III いかづちの日と自由の朝 »

角川sneaker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイレンシュピーゲル 参 Blue Murder:

« 円環少女 (6) 太陽がくだけるとき | トップページ | スプライトシュピーゲル III いかづちの日と自由の朝 »