« たま◇なま 〜生物は、何故死なない?〜 | トップページ | そういえば最近えろげ買ってない »

氷菓

 氷菓  著:米澤穂信  角川文庫

 やはりおもしろいではないか。と、数ヶ月前に読まずに積んだ自分にいいたい。

 人が死なない日常系ミステリーで、ほのぼのとしながら最後に解き明かされる謎は重い。ひとつひとつの短編は軽くちょっとした謎解きというのが基本で話として重くなく、文章も最後まで重くはない。しかし千反田さんの一身上の都合から見えてくる『人死に』の重さといったら!短編それぞれのゆるくも底のしっかりしたつながりと、タイトルと内容との関連が秀逸です。

 やあ、おもしろかった。古典部シリーズにも手をだすか。

|

« たま◇なま 〜生物は、何故死なない?〜 | トップページ | そういえば最近えろげ買ってない »

ハヤカワなどその他小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷菓:

« たま◇なま 〜生物は、何故死なない?〜 | トップページ | そういえば最近えろげ買ってない »