« ウルトラジャンプ12月号 | トップページ | 季節はづれの夏ノ唄 »

クジラのソラ04

 クジラのソラ04  著:瀬尾つかさ  絵:菊池政治  富士見ファンタジア

わたしは間違っているかもしれない。正しく収まろうとしているものをしっちゃかめっちゃかにしてしまうかもしれない。だけどわたしは迷わないわ。自分がこうと思ったことを貫いてみせる。戦い抜いてみせる

 これがこのシリーズなんだろう。主人公は最強じゃない。強いけれど、才能があるけれど、傍らにはもっと上がいる。そいつらにおいていかれる、差を見せつけられる、傍観者になってしまう。けれど傍観者で終わり諦めることを認めず、その意志の強さで自分にできることをがむしゃらにやりぬくのだ。

 しかしてスケールがぶっとんでるなぁ。いままでの巻もスケールの拡大に毎回驚いて笑って興奮していたとはいえ、シリーズの終着点が、この物語のたどり着いたところが宇宙規模の文明に人類が参加するところだとは。読みはじめたときはこんな方向で物語が収束するとは思いもしなかった。

 …てっきり雫と冬湖の百合な未来につながるものだとばかり。人類ほとんどすべて絶滅したりとかした先の未来で何もない宇宙空間だったところで二人語ってるとかそんなの。しかしそれはともあれ二人の位置の対比はとてもおもしろくてぞくぞくときた。1巻2巻での責め受けの対比のように最初と最後でのゲームを通した対比がああもうやっぱりと思いながらもぞくぞくと。

 物語の終結として、スケールが拡がりまくってるわりにはやってること中心として書かれることは拡大してなくてどこか小さくまとまった感が不思議とある。けれど、それが雫が主人公であるこのお話なのかもね。おもしろかった。

|

« ウルトラジャンプ12月号 | トップページ | 季節はづれの夏ノ唄 »

富士見ファンタジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クジラのソラ04:

« ウルトラジャンプ12月号 | トップページ | 季節はづれの夏ノ唄 »