« 忙しさの度合い | トップページ | ソード・ワールドRPGリプレイ集xS (3) 猫の手お気楽娘、幻惑? »

ウルトラジャンプ 1月号

 SBRと、あとPEACE MAKERがなんかやけにかっこよくて困る。ピースメイカー始まった時はいまいちぱっとしないと思ってたが、なんかいい感じに思えてきた。二人が撃って、どちらかのはワイヤーに完全には命中していなかったという意味だよね、あの絵は。おもしろい。最近ではクロスロードもまたおもしろい。馬琴がなかなか粋。くっついてる女の子がやけにかわいいとつぼってまいる。死亡フラグの大盤振る舞いしてる二人がどうなるかも気になる。今回の展開もフラグそのままじゃないかと思えてならない。

 メビウスギア、今回は世界設定の説明というところ?しかし連載2話目にして主人公(たぶん)が最後の1Pにしか顔だしてないとは珍しいような。
 天上天下、後ろから不意打ちした人間が大言吐くのには小物臭感じてしまってならない。
 初恋マジカルブリッツ、ソープいけば?という問題のような。違うのかな。
 忍空、なんか今回緊張感あっていい感じ。と思ってたらコマの使い回しで一気に緊張感そがれたけど。
 バイオメガ、これ読み終わったあとにふと気付いたのだけれど左手の親指が真っ黒になってた。
 DOGS、あれ?なんかちょっとおもしろいと感じた。
 アガルタ、やっぱりいまいち全然意味わからないことに安心した。でもなんか気になって読んでしまう。

|

« 忙しさの度合い | トップページ | ソード・ワールドRPGリプレイ集xS (3) 猫の手お気楽娘、幻惑? »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラジャンプ 1月号:

« 忙しさの度合い | トップページ | ソード・ワールドRPGリプレイ集xS (3) 猫の手お気楽娘、幻惑? »