« 言葉に出さないこと | トップページ | 日記:2008/04/09 »

東方SS読んだ 地の文(注・やおい)ほか

東方創想話作品集その52 (真型 作品集51)
・地の文(注・やおい)  大根大蛇
やまなしおちなしいみなしのほうでした。とまれ、おもしろかった。人前用の顔を作ってない緩い文がおもしろく、澱んでいる雰囲気からの一転が気持ちいい。

・神様が参拝するなんて、へんなの  しまうま
すわこがかわいいいいいいいいいぐぎぎぎ。。。
赤巫女と諏訪子とはめずらしいとかその他もろもろどうでもよくなった。うわうわうわ、かわいい。

・早春の頃、巫女の日常  上泉 涼
これはいいレイサナ。和やかに巫女っぽい霊夢で乙でありました。飢餓ってるよりこういう霊夢が好きです。

・う~だ~る~  大崎屋平蔵
え、夏のもの?と戸惑うも、人間3人、特に咲夜さんをひっくるめて友人3人という雰囲気がでているのがすごくよいなぁと読み進める。…うまいなぁ。雰囲気が一転して変わるけれど、見事につながっている。それも十分にありうると認められる将来に。時間経過の扱いが見事です。ああそういうことだったのかと頷いて、でもって泣けてきてしまった。

・厄と博~リクエスト続編~  七氏
なんだかんだで、ゆかりんの役どころが気に入ってたりする。

puti作品集その26 (真型 作品集25)
・想い出 ~詐欺師~  楸
たまに、てゐがものすごく純情でオリキャラとのノーマルなカップリングが意外にあるよね、という。そしてなぜかしっくりときておもしろみがあったりするのが不思議。

・nave  腕
えーりんの寂しさを題材にするとはなかなか目の付けどころがすばらしい。笑いとつっこみ以外の反応が難しい。

・ハクレイレイムのスキマ  ぷらりば
そこにスキマを見出せるのがちょっと切ない。ゆかりんおかあさんでいい話d、、だなー。

|

« 言葉に出さないこと | トップページ | 日記:2008/04/09 »

同人感想(東方関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東方SS読んだ 地の文(注・やおい)ほか:

« 言葉に出さないこと | トップページ | 日記:2008/04/09 »