« 東方SS読んだ シンペイ蛙ほか | トップページ | リバース・ブラッド 1 »

CHAOS;HEAD (NitroPlus) 感想

 CHAOS;HEAD ニトロプラス 5pb

 4時間も主人公の声ありでプレイしてた。あまりに不快なのでディスク割って存在を忘れようかと思った。どうしてこんなにも不快でつまらない話を続けてるのかわからなくなった。しばらく離れて落ち着いて、主人公の声オフにして再開して最後まで。プレイ時間としては10時間切るくらい。

 そんな経緯なので、不満が強い。そんな経緯なのに最後まで物語を追った、惹きつけられたという魅力も持っているが、前半の印象でフィルターかかった。

 以下そういう視点での感想。ちなみにネタバレへの配慮は特になし。積極的なネタバレはしてないけれど、これ書くとネタバレなるかどうかという考慮などもしてないので気をつけて。

 不満が強い。物語の中途半端感。女キャラ(ヒロイン?)をこんなに出す必要があったのか?キャラ薄いし、いてもいなくてもいいような存在感でしかない。物語も一直線だし。七人必要という意味が物語終わっても納得できなかった。

 配分が不満。主人公がキモオタへたれってのが世界設定の軸に関わっているから、ある程度のきもおたっぷりとへたれとの強調が必要だったってのはわかるが、プレイ時間に対する配分がおかしくないか。初め数時間も注意深く眺めるとおかしなことや伏線があるのだが、あまりに主人公のきもさにクローズアップされすぎていて物語なんて意識できない。

 ただ、妹の右手が送られてきたあたりから主人公がへたれなりに立上り始める。へたれで自分がカスだって自覚して、自分以外を巻き込んだことへの申し訳なさをもって、あくまでへたれたままだけれど、それでもへたれなりにあがくのはむしろかっこいい。クールじゃあないが、泥臭くてうまくできなくて、またうなだれて、それでも自覚して動いたのがいいのだ。情けない兄なりな行動と、物語が日常場面描写から核心のほうへシフトし始めたのもあって、このあたりからおもしろくなってきた。1時間さわってやめようかって思ってたのが、ここからクリアまで一気に5時間プレイするくらいには引き込まれた。

 へたれ主人公ものはやはり途中で立ち上がってもらわんとね。

 そして妄想という設定の使い方はおもしろかった。特に視点に関して。視点変更によって語られた、プレイヤーは知っているが主人公は知らないはずということを、主人公もまた思考盗撮(妄想現実化に絡んだ派生能力)によって無意識に知りえていて、ゲーム内で語られることすべて主人公もまた知っている、ゲーム全体がすべて主人公視点で物語られていたという作りがおもしろい(正確にすべてだったかは記憶が怪しいけれど、確認するのが面倒なので、まあ、すべてということで)。
 また、主人公の感じる視線にメタ的なプレイヤー視点を連想させつつ、実際にプレイヤー的視点を持った立場の人間がいるという構造。へたれ主人公がMMO内に理想的英雄をつくりだし、主人公のコピー元、オリジナルは主人公という不完全でへたれなものしか作り出せなかったという構造。現実と非現実との混ぜ方、妄想と現実存在とのあわせ方は各キャラの立ち位置や関係を考えるのがおもしろかった。

 ただ、物語の収束が消化不良ったらない。
 引き込まれて最後まで見てエンドロールみて、ふと、このキャラクターは確かに物語に関わっちゃいるが、すっげー薄いじゃんと思ってしまう。梨深と七海の二人とそれ以外で存在感に差がありすぎる。お前ら最後祈ってるだけかよ。へたれでぼろぼろになりながらも梨深のもとへ向かう主人公にはそこはかとなく燃えるが、ディソード持ったその他の方々は祈ってるだけ?途中でだって、梨深と七海以外はどれだけ見せ場があったんだろう。しかも七海は右手失ってるじゃないか。そのまま救いなしの終わりなの?また、推定本当の黒幕っぽさを出してる宗教法人に関してはノータッチでいいの?

 まあ、世界系だってことを理由にしてしまえばすべて収まるのかもしれないが。

 不満点のほうが多いが、中盤から後半にかけてのみ見るのならなかなかありなへたれ主人公ものだった。主人公の声も復活させたし、終盤には。半分くらいまで主人公の声切ってプレイしてれば、もう少し不満が収まってたかもしれない。でもデフォルトまま、主人公の声ありでプレイしたので前半に対して不満がありすぎる。途中放棄した人やこれを地雷だという人がいても、まったく擁護する気にはならない。
 ついでにいえば、ところどころのグロさは本当にそれが必要だったからなのだろうか。どうも、エロゲーの流通に載せるために必要以上に過激にしてる感を持ってしまう。


 エンディングは大雑把に二つかな。主人公が殺されるものと生き残るもの。生き残ったとしても最後の選択肢でミスると梨深に殺されてるっぽいが。分岐はなんだろう、妄想した回数かなぁ。大雑把に、妄想回数が少ない(20切るくらいか?)だとバッドで、多いと(30オーバーかなぁ)生き残る、とか。めんどいので検証はしてないが、愚者のところを眺めて、自分のプレイを思い返して、そんな気がする。

 でも最後のCGがまだ埋まってない。最後の選択肢で青空でエンドロールなのと、そうでないのとの二つ見れば埋まるかと思ったんだが、まだ見てないエンド?システムがいまいちだから再プレイめんどい。下着パッチ落としてそのうちゆるゆるとやるかなー。ディスクレス不可なのがめんどいけれど。

|

« 東方SS読んだ シンペイ蛙ほか | トップページ | リバース・ブラッド 1 »

ゲームいろいろ(含む18禁)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CHAOS;HEAD (NitroPlus) 感想:

« 東方SS読んだ シンペイ蛙ほか | トップページ | リバース・ブラッド 1 »