« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の10件の投稿

CHAOS;HEAD (NitroPlus) 感想

 CHAOS;HEAD ニトロプラス 5pb

 4時間も主人公の声ありでプレイしてた。あまりに不快なのでディスク割って存在を忘れようかと思った。どうしてこんなにも不快でつまらない話を続けてるのかわからなくなった。しばらく離れて落ち着いて、主人公の声オフにして再開して最後まで。プレイ時間としては10時間切るくらい。

 そんな経緯なので、不満が強い。そんな経緯なのに最後まで物語を追った、惹きつけられたという魅力も持っているが、前半の印象でフィルターかかった。

 以下そういう視点での感想。ちなみにネタバレへの配慮は特になし。積極的なネタバレはしてないけれど、これ書くとネタバレなるかどうかという考慮などもしてないので気をつけて。

続きを読む "CHAOS;HEAD (NitroPlus) 感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東方SS読んだ シンペイ蛙ほか

東方創想話作品集その53 (真型 作品集52)
・一日だけのゆっくり。  幻想と空想の混ぜ人
ゆっくりしたよ!いい話だってことがむしろ笑えてきたよ!

・紫蘭  PYTHON
花の妖怪を花とともに物語る。最後で明かす花言葉まで物語がうまく流れているなと。落ち着きを持った妖怪として描かれる幽香がすばらしい。

・ファインダー越しの実像  電気羊
あるいは幻想郷の日常。一部、風見農香関連の設定が入っているとはいえ、実にそれっぽい日常。椛視点にした著者の狙いも生きていて、淡々と比較的に第三者の目からの日常描写になっていると思う。ゆったり、和む。

・死人に墓無し  八重結界
どこにいったのか?すごした時間はどこに、霊夢はどこに。なかなか、おもしろいつながり。

・月姫の戯れ  めたる
姫というにふさわしい輝夜。全体の雰囲気も、発言の選び方も、永遠亭の主としての輝夜を感じさせます。

・私の名前は上海人形  蟹人間コンテスト
にやり、と。すばらしい。家族のような一体感を持った人形たちは互いにどのような想いを持っていたのか。どうしたって扱いに差はできてしまう。けれど、、。人形たちにこのような心を持たせた作者はすばらしいと思う。

・凡才と天才  七氏
魔理沙と霊夢がぶつかるような話では、霊夢の幻想郷での強さをいかに消化して、結果と設定との齟齬をなくすかってのが、違和感を消すために重要な一つだと思うのです。べたではあるけれど、うまく消化していて、ストレートな友情ものとして引き込まれました。

・ピンチな咲夜さん ~瀟洒なメイドに愛の手を~  三文字
えろいな。というかだめだこの館。

・ふらんちゃんのぼにゅう  人比良
もちろんタイトルに釣られてクリックしましたとも。さて、どういう意味か。強烈なイメージと印象を与える文章の凄さは確か。うーむ、どっちかが死んだとか狂気から抜け出そうと足掻くさまだとか、すぐに浮かぶものはあるが、しっくりこない。それでも浮かびあがる映像が強烈で、印象が残る。

・月は沈みて、日は昇る  moki
作者のサニーへの愛にやられました。永夜におけるルナの想いがおもしろいです。視点がルナであるのに、ルナの心情描写によってサニーの存在感と三月精の話という感じが強まった。いいタイトルだなぁ。

・人恋し神様  山野枯木
秋姉妹。情景の見事さ。そして、秋の紅葉の綺麗さと寂しさとが人格にも現れていて、静葉の言動がたまりません。穣子の姉に気を使う心情、姉妹のやりとりってのもいいな。

・兎と天然  八重結界
タイトルがまさに。どんな詐欺かはすぐにわかるのだけれど、その後の天然さんのたどる道が天然でいい人で和みます。

・シンペイ蛙  ulea
幻想郷の中の話じゃあない。だというのに見事東方のSSなんですね、これが。空気感が実に見事と言うほかない。すわこの描き方、言葉が沁みます。

・ならない楽器  ショウ
道具の想いに原因を求めているところが素敵。なんか、いいな。

・銀の栞と血染めの聖書  nyis
なかなか素敵なパチュリーの過去話。当時のパチュリーの空気の読めなさがSSにも波及して、この流れでその言葉ってのはどうかってのが多少あったかな。とはいえ、ありだと思います。自分が時間経過ものに弱いってのも評価への上げ底になってはいますが。

・巫女が酒宴に至るまで  六十六卦
>「昨晩は、お楽しみでしたね」
パチュアリはすばらしいと思います。

・妖魔夜翔  黒狗
バカルテット。けれどそれよりも、彼女らを通して語られる百鬼夜行がおもしろい。こうであって欲しいという、理想的で平和な幻想郷の妖怪の在り方をあらわしたものと言えるのではないでしょうか。

・レイラ、心のむこうに  ら
ひどい(笑
はじけてるなぁ、このプリズムリバー。けれど話の筋はずっとまっすぐに通ってるんですよね。ギャグに突っ走っているのに脇に外れて冗長って感じがないのはうまいなと。

・こっぱい  八重結界
ひどい(笑
ははぁ、そういう設定にするかーとおもしろがってたらひっくり返されてしまった。
>おっぱいおっぱい、byニーチェ
あまりに哲学的すぎて人間存在が持つとされる知性への思索を開始していまいそうです。

・死亡遊戯  電気羊
ひどい(笑
しかし、笑ったので負け。

・妖怪兎と珈琲  PYTHON
人里でのふとした一瞬。ありそうだなと思えるうどんげで、喫茶店。あ、いいなって思えました。

・紅魔館の実験室(1)  FELE
いいないいなこの魔女三人。まりさが嫉妬する側になってるってのが新鮮で、それだけでおもしろくなってきた。

・寒禽、宿に入る  St.arrow
この会話はうまいなぁと。

・アリス洋裁店  電気羊
マリアリ。取り残される感ってのは、周りがそう思わなくても本人の焦燥ってのがけっこうきついんですよね。人間関係への織り交ぜ方がいいなと。


puti作品集その27 (真型 作品集26)
・好きなの? 嫌いなの?  詩所
お嬢様、あまりにお子様です。…外見相応だから問題ないか。

・永遠亭の守り人  トナ
そんな輝夜だと思うと、なんか、いいね。やさしい雰囲気が好きです。


puti作品集その26
・不機嫌な果実  tea
魔法使いな、魔女としてのパチュリーを堪能できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち (1)

 ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち (1)
 著:秋田みやび、グループSNE 絵:中島鯛

 やっぱりなんか感覚違う。プレイはしないけれどルールブックがほしくなる。変わったってことで、ダメージ計算どうやってんのかとかどういうときにサイコロふってんのかとかがまだ把握できなくて、なんかむずむず。大雑把に、SWにアリアンロッドな感じを取り入れてでも全部2Dでやれるように調整って感覚。

 読み物としては、いいやつらだなーってのと、人間以外の多さが新鮮。言葉で何いってようと行動がいい人だ。あとNPCが愛玩系な犬だったりうさぎだったりってのはなんというか。シリーズ初めで新ルールの初めであるからか、おとなしめな1巻な印象。だけれど、新ルールでの初めってことで世界やルールが気になって読み進めた。おとなしいけれど、地味に普通におもしろい。

 でもメッシュは1ゾロですぎだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラジャンプ 5月号

 わかるような、わからないような。最近のロマンとバイオメガはどうなってんのか、どこがどう繋がってるのかがよくわからない。アガルタはもとより理解できないものとあきらめもつくのだが、その二つは理解できそうな気がしてしかしよくわからない。

 SBRが忙しなくなってきたではないか。収束へ加速してる感じで楽しくなってきた。
 今回の天獄は繋がりがわかった。ずいぶん前にえろい人?がいってたこと、作らせてたものだな。
 八木ナガハルの読みきりがおもしろかった。SFの取り入れと雰囲気、最後の締めがものすごくいい。いつのまにか漫画に取り込まれて、さっくりと締められる。始まりの言葉が全体を説明していて、終わりときれいに結びついている。こういう、始まりと終わりが結びついて閉じているものに弱い。
 エッグのほう、戦う司書の2話も読んだ。爆弾どこからきてどこへ行くのやら。恋人が死んでも、生きてるほうは生き続けるためにもとの日常の生活に戻る、って場面はやっぱりくるなぁ。違ってしまったけれど、同じ生活が続くってな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二国記 丕緒の鳥

 十二国記 丕緒の鳥  yom yom vol.6

 なんか泣けてきた。

 時間の流れで失われたもの、残っていたもの、形にならなかったもの。失われたものが蘇る。蕭蘭の望んでいたもの、丕緒の新たな陶鵲、民を想う王。失ったものと、新たに、再び得られたものとが結びついた物語に、なにか泣けてきた。


 しかし、懐かしい。思っていたよりも世界設定やその時点での状況を覚えているものだが、漢字が読めなくて苦労はするな、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記:20080416  怠惰ではあるが

 カトゆー家断絶がRSS出していたことに今日気づいた(アドレスや上のディレクトリ見るに、違う人だったりする?まあいいや)。これは便利と早速google readerに追加はしたが、量が多すぎてむしろよくないかもしれないと悩む。週間投稿数が1000超えてるしなー。タイトル流しみるにしてもきついか?まあ数日試してみようか。

 新人におくる、怠惰な社会人になるための7の方法 (ロケスタ社長日記)
 タイトルでいやそんな何をと思いながら記事をのぞき見て、中身がずいぶん合理的で納得する。ひきつけて、かつ中身に一致するいいタイトルだなーと中身から少し離れたところにすごい感心した。
 努力するふりをすると満足してしまうんだよなー。時間をかけました、つまりは努力しましたで自分自身が納得してしまう。気をつけよう。見事当てはまる状態にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東方SS読んだ 真っ白な彼女の真っ黒な空白ほか

東方創想話作品集その53 (真型 作品集52)
・お嬢様は思い至る。  大崎屋平蔵
パチュリー、実にいい趣味だ!

・四季のベジタブルマスター 後編   電気羊
・四季のベジタブルマスター 前編   電気羊
風見農香ww 耐えられないwww

・フランドール羽ばたく  丸々
視点がおもしろいなぁと。こういう視点からの設定は行き過ぎるとついていく気にならないけれど、これくらいの長さだとおもしろいなぁとだけ思います。

・林檎  PYTHON
作者の意図がいいな。誰かを描くのに、その人以外を用いる。それをオリキャラで実現し、さらに時間の流れを使って感傷を加えているのがいい味でした。

・神さまの娘たち  yam
アリサナ、いやサナアリ。二人の性格がいいなぁ。2次設定・創作で生まれたイメージから、一部分の性格をおおげさに拡張してると思うのだけれど、その拡張と物語との合わせがうまいなぁと。素直にいい組み合わせだなと思えた。


東方創想話作品集その52 (真型 作品集51)
・「雛ちゃんはなんで回るのん?」「厄神ですから~」  少年
タイトルにまけた。懐かしい。中身もゆるくてゆるむ~。

・真っ白な彼女の真っ黒な空白  玉露
妹様妹様うふふふふふふふ。素敵なスカーレット姉妹に脳がとけそうだ。辛くて切なくて息苦しく可哀そうに思えて、けれど抜け出そうとする姉妹にとろける。

・ティータイムには甘い砂糖菓子を一欠片  蒼羽
これはよい砂糖菓子。甘すぎず、しっかり甘い。咲夜さんがい性格だなあ。

・大したことない四つの話  ulea
おもしろい。アイデアがおもしろくて、それぞれの話自体もその場面へ至った物語とそれからの物語が想像されておもしろい。まりさの話の印象が強烈。きつい。


puti作品集その26 (真型 作品集25)
・うそつき  じょにーず
すとれーとすぎる川柳だw

・きのこ  T.S
日常っぽさ。なんか普通っぽく、落ち着いているその場面がいい感じです。

・ハクレイノキセキ  乳輪大納言
サナレイ。なんかまっすぐで笑えてきちゃう。違う、にやけてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリア様がみてる マーガレットにリボン

 マリア様がみてる マーガレットにリボン
 著:今野緒雪 絵:ひびき玲音  コバルト文庫

 平和でした。懐かしい方々でした。以上。

 ひどすぎる感想だけれど、最近ただでさえ長々と感想書けなくなってるから、無理。話が進む巻はずいぶんおもしろさ復活してきたなーと思っているのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東方儚月抄 ~Silent Sinner in Blue. 上巻

 東方儚月抄 ~Silent Sinner in Blue. 上巻  
 漫画:秋★枝 原作:ZUN  REXコミックス

 なんか、違和感と思ったら、ちゃんとマンガになってるからか。それでいて量もあるから、あれ?東方なのにとちょっと違和感が残ったんだな。

 なんかな、レミリアがロケット飛ばして月まで行こうとするあたりまではまだ紫の思惑内のような気がしてならない。んでもって、神様の力借りたからって紫が返り討ちされたよーなのに人間が力押しでなんとかできるものじゃあないような気がするし、なんか紫は目的を別に持ってんじゃねーのと疑惑がわいてしょうがない。
 おー、物語としてどうこうと気になってるのが新鮮だ。

 咲夜さんがすんごい保護者にみえる。
 絵、というか顔がまるっぽい印象かな。なんか柔らかい。でも紫の描写になると怪しさと黒幕臭が。紅魔組と月の姫姉妹がかわいいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記:2008/04/09

 とある事柄に対して、明日からやるの明日は永遠にこない、始めるのは今からだ!と気合入れたのが金曜日。よし、と土曜日もこなして日曜日もやって、課題は平日に続けられるかだなと懸念していたのが先週でした。懸念した通りになにもできずなにもやらず、華麗なまでの3日坊主に笑ってしまった。

 でもまあ土日で取り戻すかー思ったら風邪。

 というわけで先の土日は風邪で倒れていたのでした。熱でふらついて立ってられないとか、熱と咳で寝られなくてほとんど徹夜になるとか、風邪というよりインフルエンザじゃないだろうなとぐだぐだ唸ってた。まいったまいった。土日に風邪とか、タイミングがいいのか悪いのか。
 ともあれ週末に風邪をひくと更新間隔がけっこう開いてしまうなー。最近は更新する曜日が偏ってきたし。

 というわけでちょっとリハビリ。


Vistaに見切りをつけたMS、「Windows 7」登場は来年か (@IT)
 この文章を読んでいたらなぜPS2が勝ち残ったかという論争を思い出した。OSもソフトウェアとユーザーの使い勝手の面で後方互換が重要な要素になりえるんだなと。しかし一般販売は来年とはいかないだろうが、VistaはMSからもいらないこ宣言されちゃった。

ai sp@ce
 まあ、この3作いずれにも手をつけてないのでがっつくほどの興味はないけれど、興味はわく。3Dに起こした分の顔の崩れとかは許容範囲。でもこれなー、プレイヤーキャラは男固定なってるように見えるが、狙ってるのを開き直ってるんなー。一部でどういう動画があふれるかは織り込み済みってことなんだろうなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »