« 十二国記 丕緒の鳥 | トップページ | ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち (1) »

ウルトラジャンプ 5月号

 わかるような、わからないような。最近のロマンとバイオメガはどうなってんのか、どこがどう繋がってるのかがよくわからない。アガルタはもとより理解できないものとあきらめもつくのだが、その二つは理解できそうな気がしてしかしよくわからない。

 SBRが忙しなくなってきたではないか。収束へ加速してる感じで楽しくなってきた。
 今回の天獄は繋がりがわかった。ずいぶん前にえろい人?がいってたこと、作らせてたものだな。
 八木ナガハルの読みきりがおもしろかった。SFの取り入れと雰囲気、最後の締めがものすごくいい。いつのまにか漫画に取り込まれて、さっくりと締められる。始まりの言葉が全体を説明していて、終わりときれいに結びついている。こういう、始まりと終わりが結びついて閉じているものに弱い。
 エッグのほう、戦う司書の2話も読んだ。爆弾どこからきてどこへ行くのやら。恋人が死んでも、生きてるほうは生き続けるためにもとの日常の生活に戻る、って場面はやっぱりくるなぁ。違ってしまったけれど、同じ生活が続くってな。

|

« 十二国記 丕緒の鳥 | トップページ | ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち (1) »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラジャンプ 5月号:

« 十二国記 丕緒の鳥 | トップページ | ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち (1) »