« コミュニケーションは最大の娯楽である、ということだろうな | トップページ | 東方SS読んだ silhouette:α → φほか »

鬼ごっこ 3

 鬼ごっこ 3
 著:黒柾志西  REXコミックス

 なにがどうなってんだっけ、というのを2回くらい読んだら思い出して、なんとなくどういう話だったかとこの巻がどういう話なのかをつかんだ、ような。

 絵としては好きなんだけれど、話の展開はよくわかんない。一話のなかの展開と数話単位でのつながりはわかるのだが、全体としての方向がわかんない。

 確か、1,2巻は展開遅いなーって感じたような記憶があって、今回はスムーズに進んでるのだけれどどこに進んでるのかがよくわかんないなーって感じに。話忘れてた状態で読んだら襲ってきた生徒が麒麟に見えて、なんでこうなったんだっけと混乱したのも拍車をかけた。

 とりあえず、はいてないとおもらしとしろすくがすきなんだなってのはわかりました。つるつるな肌と白スクおよび服のしわとの対比がなかなか。

|

« コミュニケーションは最大の娯楽である、ということだろうな | トップページ | 東方SS読んだ silhouette:α → φほか »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼ごっこ 3:

« コミュニケーションは最大の娯楽である、ということだろうな | トップページ | 東方SS読んだ silhouette:α → φほか »