« ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング | トップページ | めも:20080506 »

スプライトシュピーゲル IV テンペスト

 スプライトシュピーゲル IV テンペスト
 著:冲方丁 絵:はいむらきよたか

 夢を見るな。

 いい言葉だ。いい言葉にしている物語がすごい。なにより、熱い。
 守りきることができずに、証人が殺され続けていく話なのに、信念に殉じた言葉、姿勢が熱い。自分がいなくなっても受け継がれる、この流れが必ず続いていくという想い。

 導き手たる大人の渋さがいい。「よいこと」、「ただしいこと」によって理想的な結果が得られるとは限らない。無限に待ち構える徒労感との戦いに、挫折を繰り返してもその度に立ち上がらなければならない。伝え、体現する大人にしびれる。

 物語のなかで物事への視点をひっくり返すタイミングが実に巧妙で感情に訴えかける。主に初めは負の側面を述べるのに、なんとも肝心なところで正の面を持ち出してくる。泣けてくるね。

 それでも、夢を抱け、ってーのがやっぱいいな。

 鳳の話だったなぁ。分厚さにひけてちょっと手をつけるのが遅くなったが、もっとはやく読んでればよかった。読むのにけっこう時間かかって疲れる内容で、それでも読むのやめらんなくて。実におもしろかった。水問題を国際社会での重要問題としたのも個人的にストライクなのです。

|

« ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング | トップページ | めも:20080506 »

富士見ファンタジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スプライトシュピーゲル IV テンペスト:

« ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング | トップページ | めも:20080506 »