« めも:20080506 | トップページ | 鬼ごっこ 3 »

コミュニケーションは最大の娯楽である、ということだろうな

 コミュニケーションツールである、ということ。

おうちに帰るまでが遠足です。感想書いて、みんなと共有するまでがエロゲーです。  (適応係数17♂)
経由で
プレイヤーを魅了する、エロゲーのプレイ後の楽しみ。 (かぎにっき)

つまり私が何を言いたいのか、と言いますと、ゲームが終わったらすぐに終わったこととして捉えてしまうのではなく、そのゲームに関して、積極的に情報発信などをすることによって、よりいっそうゲームの世界を楽しめるのでは?ということです。

それはオタクとしての「劣化」だ (Thirのはてな日記)

アニメは消費されるものから「同じくアニメを媒介としてコミュニケーションを図る人間と出会いコミュニティを作るための存在」に変化した。それもコミュニケーションの内容に重点があるのではなく、コミュニケーションをしていることそれ自体、周りと「つながり」を持っているという幸福感に重点がある性質のものである。

なぜならば、彼らは「アニメ」を楽しんでいるのではなく、「アニメを利用してコミュニケーションを楽しんでいる」だけだから。

 コンテンツそれ自体ではなく、コンテンツをだしにしたコミュニケーションが最大の娯楽である、という構図が見えてくる。しかし、おそらくはそれが「普通」なんじゃないか。「普通でない」のが「劣化」以前のオタクであり、コンテンツへと傾倒していた。

 フラットであるインターネットやニコ動という場によっていわゆるオタク素材であった分野へと「普通」な人が多く流入し(もしくは普通な人に発見されて)、ぬるオタや劣化オタとくくられるような層が発生してオタ素材に対しても「普通」である消費活動、つまりはコミュニケーションのためのコンテンツ消費が目立つようになった、という。角がたつような言い方をすれば、いわゆる比較的ディープなオタ分野もネットには情報があふれているために特別性がうすれて一般化し、コミュニケーションツールとして広い市民権を得た。角がたつの使い方おかしいような気もするが。

 それだけでなく、コミュニケーションが容易になった現状に合わせて、取り込まれて、オタク的なコンテンツ傾注な消費にもコミュニケーションの拡大が発生しているのだろう。オタクとして認識される行動の一つに知識のひけらかしってのがあるくらいにオタクってのは話したがりな面があるわけだし。

 ネットの発達によって一番変わったのが何かというと、話す場と方法が増えたことだと思うのです。どんなニッチな趣味だろうと2chにいけば話相手がいるということからmixiやらスカイプやらtwitterやらニコニコ動画やら、誰かと話す場と方法が大量に発生しているし、今のネット関連企業からは共有やらSNSやらというのがキーワードで頻出。

 コミュニケーションがみんな大好きで普遍で最大な娯楽で金になる(と見込まれてる)ってことなんだろうな。んで、広がりまくった容易にコミュニケーションができる場において何をするかといえば当然コミュニケーションをとるわけですよ。コンテンツをだしにして。いわゆるオタクな分野がオタクだけのものでなくなったために、オタコンテンツでのコンテンツとコミュニケーションとの関係の変化が目立つものになってる、とか。


 このブログのような、言いっぱなしでどことも誰ともしれない相手に話してるような一方通行に見えるものもコミュニケーションの一つ。「誰かと」話すでなく、「誰かに」話すということだけでも娯楽として成り立つってことでしょうね。記事は他者にとっての娯楽でもあるし。
 つまりは誰か他人に言葉をぶつけること、誰か他人の言葉を聞くことが娯楽である、というのがコミュニケーションが娯楽たりえるところであるわけで。

 うん、なんか後半は自分が何を考えてるのかぐちゃぐちゃになってきてる。ので終わり。

追記:
「mixi疲れ」が起きやすく、「ニコニコ疲れ」はあまり起きない理由 (Thirのはてな日記)
 そうか、コミュニケーションとひとくくりにしたが、種類の違いが存在している。その違い、現実世界と違うコミュニケーションと人間関係と距離感が許される、干渉とつながりのゆるさや浅さがオタ分野で受け入れられる理由になるわけか。

 気恥ずかしいことだろうと、その場で顔の見えない、現実でのつながりのない相手に向かって語るのなら、発言にいたるためらいがずいぶんと薄まる。なにしろ「誰か」に向けた言葉でなく「呟き」なのだから。

 仮に反応があったとしても、どの程度の反応をするかを自身で決めることができる。無視しても、人間関係になんの影響もない。ゆるくて、そういう反応が許される空間であるという共通認識が存在しているはずだから。

 これもまた、オタ的分野への新規流入と(ゆるい)コミュニケーションの取り入れのもとと考えられるか。もしくは議論を避けて意思表示できる手段が増えたという見方をしたほうがよいのかな。

|

« めも:20080506 | トップページ | 鬼ごっこ 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーションは最大の娯楽である、ということだろうな:

« めも:20080506 | トップページ | 鬼ごっこ 3 »