« リバース・ブラッド 1 | トップページ | スプライトシュピーゲル IV テンペスト »

ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング

 ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング
 著:深見真 絵:蕗野冬  トクマ・ノベルズEdge

 第二部完。カルナバルに突入したときは、これで第2部どころか、物語が完結するかと思っていた。次への伏線ちりばめて、一つ大きなことが終わったのに騒乱の気配が消えた気がしない。

 こんだけのキャラ出して、しかも視点と戦闘の組み合わせがやたらめったにあって、よくもまあそれぞれにドラマ出せるものだ。ハイブリッドがメインであるけれど常に戦闘の渦中にあるってわけじゃなく、他組織もまたたがいにつぶしあうってのがいいな。こいつらがぶつかったなら?という期待に応えてくれる。

 ただまあ、あまりに戦闘が連続するので感覚が麻痺してしまって、一つ一つの重みが薄くなってしまった。とはいえそれがマイナスに働くだけでなく、この物語での命の軽さを連想させてきて、らしい空気が構成されたとも思える。

 聖火が化け物過ぎて、これ絶対生き残ってるだろうなー。琴刃の動向も気になる。

|

« リバース・ブラッド 1 | トップページ | スプライトシュピーゲル IV テンペスト »

ハヤカワなどその他小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング:

« リバース・ブラッド 1 | トップページ | スプライトシュピーゲル IV テンペスト »