« opera9.5に移行での雑感(opera9.2からの移行だけどね) | トップページ | くじびき勇者さま 7番札 誰がくじびき女王よ!? »

小学館の編集の件をきっかけとした変化への期待

 ここ最近小学館の編集に絡んでどうこうという記事がよくよく目に付いたけれど、なんか大事になっているってのがちょっとうれしい。誤解されないように付け足すと、こういう問題が起こったことがうれしいわけじゃないですよ。

 今回のことで、編集者と出版社側が原因のトラブルもあるのだという認識が広い範囲ではっきりと持たれ始めているのがうれしい。これで、なにか問題があったとき脊髄反射に、作者だけが原因だから作者は騒がずになにもいわずにどんな不条理にも耐えろバカ、と放言する輩が多少は減るだろう。読者にとってはトラブルなんて知ったことか、作者は奴隷になってどんな理不尽にも耐えろアホウとのたまう基地外が減ってくれるだろう。ま、強い組織や会社のやることなすことは絶対正しいのだ論者はそれでもなお強固に存在しているので、トラブルの責任はすべて作者と言ってのける人間が依然多数存在し続けるでしょうけれど。

 自分が想定しているのは富士見ファンタジアと角川スニーカー(いや、sneakerと書くべきか)に絡んでですけれどね。思い出しているのは、と言い換えたほうが適切かもですが。

|

« opera9.5に移行での雑感(opera9.2からの移行だけどね) | トップページ | くじびき勇者さま 7番札 誰がくじびき女王よ!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学館の編集の件をきっかけとした変化への期待:

« opera9.5に移行での雑感(opera9.2からの移行だけどね) | トップページ | くじびき勇者さま 7番札 誰がくじびき女王よ!? »