« くじびき勇者さま 7番札 誰がくじびき女王よ!? | トップページ | ウルトラジャンプ 7月号 »

少々勘違いをしていた

 何が議論されているか実際に見ていなかったからともいえる。けれど勘違いをしていた自分にショックをうけたので書いておく。

 秋葉原の事件に絡んで実況での動画がどうとか写真がどうとか誰もが情報発信者にとか、そういうのに絡んで野次馬問題どうこうと言葉が交わされているのに何回か出くわした。そこで問題になっていると自分が考えていたのは、今までは広く情報を知らしめるのが「マスコミ」という職業の人間だけ(口コミとか人同士のつながりとかはおいとく)だったのが、ネットと携帯等の機器によって個人もまた現場情報を発信することができるようになり、それによる情報の発信に関しての個々人の意識などだった。どこまで情報を発信するべきか、フィルターなしに現場すべてを発信することがよいのか、選別するとすればどんな基準か、「マスコミ」という権威者以外の情報発信は認められてよいのか、などなど。

 けれど、どうも、そういう面もあるだろうが、野次馬どうこうがそれだけの問題であると見なしていたのは勘違いだと気づいた。それはこの記事がきっかけで、
 加藤容疑者を「無罪」にする!?日本

それどころか、「ウワー」などと声を上げながら、ケータイカメラで倒れている人を繰り返し撮影する人たちが目に入った。なかには、携帯型ゲーム機を楽しみながら様子を見ている人まで……。

 勘違いをしていた。ただ見てるだけで、他人には触らない。そういう、珍しくもなく常にどこかで見られる問題が含まれていたか。この問題が含まれていることにいまさらに気づいたってことで、「野次馬」をどれだけ普通なこととみなしていたかを自覚してしまった。議論にもならない取るに足らない普通なこととみなしていた。自分には何もできないから目の前の出来事をただ眺めるだけってことが普通なんだと捉えていた。

 いやだな。そういうのが嫌だと思うのに、野次馬と聞いてそれが思い浮かばなかった自分に滅入る。

|

« くじびき勇者さま 7番札 誰がくじびき女王よ!? | トップページ | ウルトラジャンプ 7月号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少々勘違いをしていた:

« くじびき勇者さま 7番札 誰がくじびき女王よ!? | トップページ | ウルトラジャンプ 7月号 »