« クドリャフカの順番 | トップページ | 銀色ふわり »

雨月物語

 改訂版 雨月物語―現代語訳付き
 著:上田秋成 翻訳:鵜月洋  角川ソフィア文庫

 たまには気まぐれを起こしてこういうものも読んだりする。きっかけは東方のSS(作品集54:風花幽夢抄)なんですけれどね。

 翻案小説という解説を読んで、毎度のことながら昔の人の頭のよさ、勤勉さに頭がさがる。そも、典拠としたものを読者が理解し、その上で作られた物語を味わうことを狙ったなど、残念ながらついていけない。いや、現在であってもそういった作りが存在していることは理解し、読んだこともあるだろうが、おそらくはまったくもってそういった視点からは見ていないだろう。すべて、そのままとして受け取っている。

 惜しいなぁ。物語の見え方が変わるというのに、一つそのものとしてしか見ることのできていない自分自身が惜しい。

 物語としてだけみても十分に楽しめ、描かれる情景もすんなりとイメージできた。このエントリと並んでいる小説らと同じように楽しめた。菊花の約などこれぞまさに漢の約束と感嘆ものだ。…しかし、こういう解説を読むと欲が出てしまうものだな。いましばらく、解説を意識しつつ現代語訳でなく古典部分でも読み眺めてみようか。

|

« クドリャフカの順番 | トップページ | 銀色ふわり »

ハヤカワなどその他小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨月物語:

« クドリャフカの順番 | トップページ | 銀色ふわり »